つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

籾殻

 昨年末”八ケ嶺ファームのオヤジさん”から古米を貰って以来、本日がコイン精米4回目となりました。

 コイン精米機は3kg以上で稼働する仕様になっています。
普通は10kgとか20kg単位で精米する人が多いのではないかと思っています。
しかし私は毎回5kgづつ精米しています。
従って当然回数が多くなってしまいます。
その理由は、”米ヌカ”と”籾殻”の収集の為です。


 これまで3回の精米の内、大量に収集できたのは1回だけ、後の2回は”ソコソコ程度”でした。
何時も大量に残っているのではなく、中には私のように米ヌカや籾殻を目的に行っている人も居るようです。
当たり外れがあるので回数で稼ぐ事にしています。

 たまたま前回は大量に残っていて、米ヌカ、籾殻とも手持ちの袋全てに詰めてきました。
と言ってもこれまで使っていたのは”土嚢袋”。
土嚢袋は目いっぱい入れても1袋にせいぜい25㍑くらいしか入りません。
まだまだ残りが大量にあったように思いましたが、袋がなくなったので諦めて帰ってきました。

 
 前回の経験から、今回は”ガラ袋”を10枚用意しました。
1袋で100㍑位入る様です。


a-ガラ袋
<ガラ袋: 10枚¥298也>


その結果 ・・・

 残念ながら今回は大外れでした。(これまでで最低)
前の人が全てを持ち帰ったようで、ガラ袋を出すまでもなく、私の精米分だけレジ袋に入れて持ち帰ってきました。

 これで”1勝3敗”です。
どんなタイミングで行くのが良いのかまだ分かりません ・・・まだまだ”駆け出し”ですね

 もう少し古米があるので引き続き研究したいと思います。


2015.02.13
関連記事

Comment

籾殻回収、頑張って下さい

 私も、コイン精米の際は、米ぬか(ボカシ作成用)をもらってきますが、
やはり、(他の人も回収することがあるので)“あったり”、“なかったり”です。
粘り強く通うしかありません。
 ひとつヒントになればと思いお伝えしますと、“ズク出せ!”師匠の近所は、
意識の高い農家さんや、色々なことに挑戦したい家庭菜園の人が多いので、
籾殻などを欲しがる人が、他地域より大勢いる可能性があります。
“西街道沿い”のコイン精米所や、“茅野の奥”の方の精米所に挑戦するのも
一興かと思います。

No title

 ”おやじさん”ありがとうございます。
お陰様で、ドブロクと共に”籾殻”、”米ヌカ”集めの楽しみが出来ました。
籾殻はウドの白化栽培用に準備しています。
又米ヌカは生ゴミ堆肥に使用しています。
お蔭で今年は生ゴミが凍結せずに冬を越しそうです。

 尚これまで精米は必要になった折りに行っていましたのでどうしても精米しないといけなかったのですが、これからは籾殻が溜まっていれば精米して、溜まっていなければ持ち帰りとしたいと思います。(セコイ!)

非公開コメント