つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

まな板作り(その2)

 ”銀杏まな板”完成です。


a-貼り合わせ
<ビスケットジョイント: 厚板なので2段に入れました>


まな板完成
<完成した”まな板”: (左)旧品、(右)銀杏のまな板・・・丈は同じです>


 ”銀杏の木肌”は本当に綺麗ですね。
テーブルソーでの切断面、ジョインターの削り面の肌触りはこれまで扱った木材で一番のような気がします。


  製作したまな板のサイズ : 長さ550mm×幅310mm×厚み42mm、重さ3.5kg
長さは前に自作した”蕎麦道具入れ”に入る最大サイズです。 
幅は本当はもう少し欲しかったのですが、これが所有しているプレーナー(カンナ盤)に入る限界サイズです。
使っている間に平面度が悪くなると包丁で完全に切り離せずに、蕎麦同士が繋がってしまって非常に具合が悪いものになってしまいます。
そうなる前に本来はカンナで修正するのですが、カンナ掛けの腕に自信がないのでどうしても機械に頼らざるをえません、プレーナーを使うのでこの機械に入る寸法で作る必要があります。


 さて市販品でこのサイズの銀杏のまな板であれば価格は”万単位”です。(但し1枚板・・・高い物は10万円/これは神社のご神木だった木だそうです・・・ほんとかな?)
それほどの価値があるものなのか、 次回蕎麦打ちで”使い初め”し結果は後日報告したいと思います。

2015.03.17
関連記事

Comment

非公開コメント