つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

新製材機検討(その4)

 ”木製フレーム構造製材機”のアライメント調整機構の確認が出来ました。

 先日アライメント調整機構部分だけ作製してありましたが、ここで本体フレーム(板)に取り付けて確認が出来ました。

成功です!!


アライメント調整1
<ベース部分が完成した製材機>

アライメント調整2
<アライメント調整機構の接続部分>



  使用したブレードはバンドソー用の長さ105インチ(長さ約2670mm)幅1/2インチ(12.7mm)のブレードです。

(1)テンション(張力)調整
 
・2ホイールの軸間距離を短くして、ブレードをホイールにセット。
・”テンション調整ハンドル”を回してホイールの軸間距離を徐々に広げていってブレードにテンションを掛ける。
・ブレードの張り具合を指で押して確認。 ・・・最適なテンション確認方法は今後検討

a-アライメント調整部
<アライメント・テンション調整機構>
 

(2)アライメント調整
・手でホイール(タイヤ)を出来るだけ高速回転させ、ブレードがズレないか確認。
・ブレードが移動(ズレる)する傾向があれば、”ホイール角度調整ハンドル(2箇所)”を使って軸角度を変えてブレードが常に同じ位置に安定するように調整。


 この結果、手動回転(低速)ではありますがアライメント調整がこの構造で確実に出来る事が分かりました。
2個のホイール軸も強度的には問題ないようでした。

 ただホイールの回転部でガサガサ音がする時があります。
一応ベアリングが入っているようですが、その”ベアリング”自体に問題がありそうです。
使っているのが中国製の超安物の一輪車タイヤですから多くは望めません。(別途異臭問題がありましたが、最近ようやく異臭も薄れてきました)
将来的にはベアリングの交換が必要になると思います。(ただ軸径Φ16mmで特殊なので軸に合う標準のベアリングがありません)


 これで一応何とか物になりそうな気がしてきました。
今後エンジン(又はモーター)を取り付けて高速回転での再検証を行います。
と言うことで既に駆動機構の詳細設計に入っています。

2015.03.15
関連記事

Comment

非公開コメント