つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

製材機設計の先行確認

 少し前に”木製フレーム構造”の製材機の設計が完成していました。
しかし設計した構造が実使用に耐えられる構造かどうか分からない箇所が沢山あります。
特に構造が複雑となっているのが、ブレードの取り付け調整機構がある片側のホイールです。

 バンドソーでは2個あるホイールの2軸が完全に平行に出来たとしても、回転時ブレードがズレて外れたりする危険性があるので、必ずホイール角度調整を行う機構があります。
製材機でも同じでバンドソーブレードを2個のホイールに嵌めてから、ブレードに張力(テンション)を掛ける事と、ブレードをホイールの中央に常に安定的に安置(高速回転時でも外れないようにする事)するために、ホイールのアライメント調整を行います。

 すなわちホイールの軸間距離を変更出来る事と、ホイール回転軸の角度調整が出来る事は必須です。
これを1個のホイール側(駆動側でない方)で行う必要がありこの調整機構がどうしても複雑になってしまいます。


 今回設計したこのアライメント調整機構が実現可能か、確かめる為この部分だけ部材調達して先行製作してみました。
作業場が寒いので、短時間に上げようと焦って穴あけ位置を2箇所も間違い、お蔭で修正に余計時間が掛かりました。(毎度のことですね)


a-アライメント機構


a-アライメント機構1

<アライメント調整機構: ベース材料には強度が必要なので栗木を製材して使用しました>



 出来上がった物は相当な重さ(5kg・・・タイヤ含む)になりましたが、強度的には大丈夫そうです。


 次にこれを本体フレームに取り付けて実際にアライメント調整可能か確認する事になりますが、温かくなってきたと言っても朝晩はまだまだ氷点下で確認はもう少し先になると思います。

 
2015.02.23
関連記事

Comment

非公開コメント