つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

パン切断治具改良

 本日は朝から雪降でしたが、雪掻きするほどではありませんでした。
気温は少し高め、そこで前に自作した”パン切断治具”の改良を行いました。

 完成以来頻繁に使ていましたが、私は問題なく綺麗に切断できるのですが、奥さんが使うと全く上手く出来ません。
同じ厚みに切れない、1枚の中でも厚みが極端に違う(5mm~20mm・・・ありえない??)、切断面がギザギザ。
それはそれは酷い状態です。

 ブキッチョということだと思いますが、本来の使用者が使いこなす事が出来ない治具では意味が無いので改良することにしました。

<改良・その1> 専用治具化

 これまでの治具では、自作パン全ての切断が出来るように考えて、幅も高さもその分大き目にしてあります。
今回の改造では焼型に入れて作る、”食パン”専用の幅と高さにしました。(寸法が必ず一定)
これでガタが少なくなったので、パンが治具の中で不用意に動かなくなります。
又これまでは切断幅が調整できるように可動式になっていましたが、調整ネジの締め付けが弱いと動いてしまうので木ネジで確り固定しました。


パン切断治具(改良)
<改造した切断治具: 確りネジ固定しました>


<改良・その2> 電動パン切りナイフの改造


a-a-ブレッドナイフ
<パン切りナイフの改造>


 治具と同時期に購入したUSA製(設計)”電動ブレッドナイフ”ですが、スイッチに安全装置が付いていて、誤作動防止機構(安全ピン)を押し込んでおいてからスイッチを押さないと動かない構造になっています。
これを片手で操作するのが結構面倒ですが、それでも慣れてしまえば問題なく使う事が出来ます。
しかしこれも奥さんは片手では出来ずに、両手で操作しています。

 この件は購入時NETのクチコミでかなりの書き込みがあり承知で購入したのですが、実際に使ってみると予想以上に使いづらい処でした。
アメリカのメーカーの物ですから、安全性を最優先(使い勝手は無視)に設計されているのだと思いますが、日本人ならもっと違った物になっていたと思います。
という事で時々上手く出来なくて、昔のパン切りナイフ(手動です)を持ち出してきて切っていることがありました。

 そんな訳で、とうとうこのスイッチを改造しました。
安全装置を外しましたので手で押さえるだけでスイッチが入って動き出します。
もし今後事故が起きてもこちらの責任となります。
使い勝手を考えると、チェンソーの様なスイッチ構造の物が良いと思うのですが・・・


 もし同じ悩みをお持ちの方は簡単に改造できますが、あくまでも自己責任でお願いします。
従って改造の詳細内容は掲載しません。

2015.02.05
関連記事

Comment

非公開コメント