つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

新製材機検討(その3)

 立春は過ぎましたが、まだまだ連日寒い日が続いています。
外仕事は中々する気になりませんが、お蔭で新製材機の設計は思いの外はかどりました。


 当初スタートの遅かった”木製フレーム構造の製材機”ですが、こちらの方が先に基本設計が出来上がりました。
”金属フレーム構造”の方はホイールの調整機構で使用部材の選定が出来ず行き詰っています。


 木工の方が構造は複雑になりますが、加工方法はこれまでの経験から良くわかっていて又工作機械もそこそこあるので設計が簡単でした。
金属フレームの方は、使用素材をHCで調達できる物だけで検討していましたが、それだと上手く設計出来ません。
本職が使うような金属材料の専門店を開拓して精度の高い素材を捜す必要があります。
それと金属材料だと”溶接”を使うと構造が簡単になるのですが、溶接の腕に自信がないので設計にも躊躇しています。


製材機 木製フレーム
<木製フレーム製材機本体の基本設計>


 これを基に、いよいよ製作に着手します。

2015.02.09
関連記事

Comment

非公開コメント