つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

新製材機検討(その2)

 2月に入ったとたんに今季最低気温-12.5℃を記録しました。
こんな日は暖かい部屋で製材機の設計をしています。

 とは言うものの新製材機の設計を始めて以来、遅々として進んでいません。
元より納期があってやっているわけではないので、今は楽しみながら構想しているといったところです。


 この製材機も部品を全て新規設計するならば以外と簡単なのですが、前に投稿した通り市販品の部材を寄せ集めて作る方針なのでこれが結構大変です。
現在ベースとなる構造体(フレーム)に関して、2種類の素材(1)金属、(2)木材 の2案を並行して検討しています。
2案を交互に、あるいは同時に構想するのは中々楽しいい作業です。
最終的には設計完成度及び製作し易さを考えてどちらかに絞り込む計画です。


 そんな訳で設計に行き詰ると、HC巡りをして何か使える部材が無いか、アイデア含めて探しています。
買うのが目的でないのでカゴも持たずに長時間大工用具売り場で部材を見るだけでウロウロしていますから、多分極めて不審人物の様に映っていると思います。(既にマークされている?)


 そんな中で、これまで気が付かなかった(名前も今回初めて知ったような)色々の面白い部材が見つかりました。
これ等を見つける度に急遽設計変更する事を繰り返してるので遅々として進まないわけです。

a-IMG_3867.jpg
<特殊部材: ”座付ナット(前列)”・・・これを見つけたお蔭で”木材フレーム構想”が浮上し、2倍の設計量となりました>

a-IMG_3871.jpg
<建築金物: ”腰高羽子板”・・・ホイールのアライメント調整機構で使う事を考えています>


 そんな中で困った事も1件発生。
先日最初に購入した”一輪車タイヤ”ですが、部屋の中に置いておくと異常に臭く、頭が痛くなりました。
そこで今はタイヤを分解してゴムタイヤだけは戸外に置いてあります。
自動車タイヤの様な普通のゴムの匂いでは無く、初めて嗅ぐ気分が悪くなる悪臭です。
このガスが健康上の問題が無いかちょっと心配になりました。
やはりこれは中国製です。(極々安物:¥589・・・HCでは国産品はなし)

a-IMG_3855.jpg
<中国製一輪車タイヤ>


2015.02.01
関連記事

Comment

非公開コメント