つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ネパール今昔

 今日はネパールの30数年前と現在の比較写真をお届けします。

 前に古い”フイルムスキャナ”が復活した件を投稿しました。
そのスキャナを使って暇な時に昔のネガ・ポジフィルムのデジタル化をしています。 (古い機械なので、結構時間と修正に根気がいります)

 その中に昔の”ネパールトレッキング”のフィルムが出てきたので、集中的にデジタル化しました。
最近のTVでもネパールの特集が時々あったりして、昔行った時の様子と全く違っていて驚くことがしばしばあります。
今回デジタル化で改めてその変貌振りが分かりましたので、その一部を投稿します。


 前にも書いたかもしれませんし私事で恐縮なのですが、今日は私共の”結婚記念日”です。

 あえて正確には書きませんが相当前であることは確かです。
3/初の結婚式はまだまだ寒い時期で、今の信州でも一般的には行われません。
当時としてはもっと稀で、関係者にご迷惑を掛けたと思います。
しかも当日は”雪”でした。

 この時期にしたのは、新婚旅行にネパール行きを計画したからです。
ネパールにはモンスーンがあって、”エベレスト街道トレッキング”は天気が一番安定しているこの時期が最適なのです。


a-シェルパ式結婚式 ブログ用 <お世話になったシェルパの家でラマ教式結婚式を挙げました>


 その時に撮影した写真の中に、エベレスト街道で最大の集落である”ナムチェバザール”の写真が沢山ありました。
最近TV番組で見るネパールは当時から大きく変貌しています。
最近のナムチェバザールの写真はNET検索すると山ほど出てきますが、30年前ともなると流石にほとんどありません。
その新旧を比較できる写真がこれです。



a-ナムチェバザール今昔 - コピー
<ナムチェバザール今昔1: (左)枠内は宿泊したシェルパの家、(右)現在のナムチェ全景>




a-ナムチェ新旧 - コピー
<ナムチェバザール今昔2: (左)昭和50年代のナムチェバザール、(右)現在・・・昔の建物は①~④の4箇所だけのようです>


 その外、エベレスト街道沿いの村々でも、驚きの変貌振りが見て取れます。

タンボチェ今昔2
<タンボチェ僧院今昔: (左)我々は僧院の広場隅にテント泊でした 、(右)同じ場所に現在はホテルと思われる建物が林立しています >


 シェルパの人々の服装も変わりましたね。
昔のシェルパ族の女性は全員が”日本の着物”の様な服装でした。
今は全員洋服で、着物姿は全く見られないようです。

 又昔はクムジュンゴンパ(寺)では”イエティーの頭皮や手の骨”も自由に触らせてくれましたが、今はガラス箱に厳重に入れられていて見るだけでも有料の様です。(偽物と分かっている今ても価値があるようです)

 建物も服装も変貌していますが、ヒマラヤの山容だけは変わっていません。
多分ネパールの人々の気持ちも変わっていないと思います。(・・・と切望しています)
それでもネパールに行きたいと思っているなら、出来るだけ早い方が良い様に思います。


2015.03,09
関連記事

Comment

No title

いい所ですねえ。

登山できて幸せですねえ。。。
非公開コメント