つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

室内用ソーダストストーブ改良

 先日完成した”室内用ソーダストストーブ”を早々改良しました。

 大型耐熱ガラスで覗き窓を付けたソーダストストーブは、燃焼状態が確認でき中々完成度の高いストーブとなりました。
炎の揺らめきが見られるのは本当に良いものですね。
お蔭で真冬日の寒い作業場でもいくらか温かい気持ちで仕事が出来るようになりました。

 しかし燃料とするソーダストは工作での発生量が少なく、ストーブの必要量を確保するのは極めて困難です。
従って燃料として使うのはほとんどが木端です。
その為1回の燃焼時間が1~2時間ほどしか持続しません。
しかも再度燃焼させるには、一旦本体のペール缶を外して燃料を詰め直さないと出来ません。
それもストーブが完全に冷えるまで待たないといけないので、室温も完全に下がってしまいます。
ですから”本体交換での連続燃焼”はやる気になりません。(実際一度もやっていません)


(1)薪投入口追加

 この改良として、ストーブの燃焼中でも薪を投入することの出来る”投入口”を上部カバーに設けました。


改良SDS
<改良版”ソーダストストーブ”>


投入口1
<薪の追加投入口>


(2)本体とカバーの接続方法改良

  このソーダストストーブは本体と上部カバーのペール缶2個を隙間なく連結する必要があって、これまで”桶のタガ”の様な金属帯をボルトナットで締め付けて固定していました。
これは燃焼中は外れる心配が無く安心できて良いのですが、本体のペール缶を取り外すのは非常に大変でした。
これを簡単に接続できるように改良しました。


a-連結 構造
<接続部分: (左)これまでの金属タガ方式、(右)ドーナツ蓋方式>


 構造は2枚のペール缶の蓋の中心部分をくり抜いてドーナツ状にし、2枚を背中合わせに合わせて”ブラインドリベット”で固定したものです。
本体とカバー2個のペール缶の間に入れて連結します。(特に固定する必要はありません)
この為どちらのペール缶にも確りはまっていますし、簡単に分離も可能です。

 それから実際に燃焼させて分かった事ですが、この蓋の間に少し隙間があるので、ここから空気が入ることで綺麗なリング状の”二次燃焼炎”が起こっていました。
意図した事ではありませんが、燃焼効率の向上に大いに役立っています。
次回はこの隙間をより大きくして実験してみたいと思います。


 この結果このストーブは”ソーダスト”を使うより、”薪”を使う割合が多くなってしまいましたので”ソーダストストーブ”とは呼べなくなってしまいました。
 従って構造的には”ソーダストストーブ”ですが、今後は”ウッドガスストーブ”と呼ぶことにします。


2015.01.17
関連記事

Comment

非公開コメント