つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

古米活用(麹作り5)

 ”麹作り”の更なる進化形が出来上がりました。


 味噌作りは終わってしまいましたが、まだしつこく”麹作り”に関わっていました。
前回”ヨーグルトメーカー”を使ってそこそこの麹はできたのですが、”麹の花”はほとんど出来ませんでした。
十分納得出来なかったので引き続き検討していました。 
その結果これまでの失敗の原因が分かりました。
やはり温度管理が問題でした。

 温度管理が正確に出来ると思っていたヨーグルトメーカーですが、厳密な温度測定を行った結果、内部には結構な温度差があることが分かりました。
ヒーターが入っている底の部分と、容器の上部では4~5℃の温度差がありました。


 前回は容器の上部の蒸米の中に温度計のセンサーを埋め込んで測定していましたが、ここは一番温度が低い部分です。
一方、底の一番温度が高い部分はそれよりも5℃程度温度が高くなっていました。
実際の温度計の記録では、上部がMAX36℃ありましたから、底部は40℃を軽く越えていた可能性があります。



温度センサー
<温度センサーの設置位置>


 今回は容器の下(ヒーターの真上)にセンサーを設置し測定しました。
これにより外容器(ヒーター部)と内容器との間にセンサーの厚み分(8mm)の隙間が出来、ヒータの熱を直接受けません。
このセンサー位置で32℃±2℃の管理を行いました。
又ヨーグルトメーカー全体を布包(フリース製のネックウォーマー)で保温して、上部との温度差を極力少なくなるようにしました。

保温
<保温状態>

 これで底部MAX温度管理が出来るようになり、容器全体の温度管理が可能となりました。
又前回完成時でも水分量が高く、扇風機で乾燥させる事になりましたので、今回は容器付属の蓋を使わず”晒”を2重にしてかぶせて内部の水分が抜けるように配慮しました。

この結果前より正しい麹作りが出来たようで、上部だけ”麹の花”が咲きました。(ただ上部だけで全体的には咲いていません)


麹の花
<麹の花>



 これで少量(約500g)の麹であれば安定して作ることが出来る技術確立が出来ました。
最初の種となる麹は購入ですが、それから約10倍の増殖が出来る計算です。

 ちなみに今回味噌作りに使った麹の販売店では、米を持参すれば¥400/kgの加工賃で麹作りをしてくれます。
自作の麹作りは手間暇を考えると全く割に合いませんが、これも自給自足の常です。
自作する行為そのものに意義を感じてこれからも挑戦したいと思います。


2015.01.31
関連記事

Comment

非公開コメント