つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

古米活用(麹作り4)

 前回の失敗に懲りずに、再度”麹作り”に挑戦しています。

 失敗麹での”ドブロク作り”と並行して”2回目の麹作り”を行っていました。
前回の失敗の原因は”温度管理”にあると踏んで、今回は保温器として”ヨーグルトメーカー”を使いました。
この装置はここ数年全く使ったことがありませんでしたが、昔はヨーグルトを良く作っていました。


ヨーグルトメーカー
<使用した”ヨーグルトメーカー”>

温度時間
<温度測定結果: (左)空容器での温度、(右)容器に蒸米を入れての温度・・・どちらも35℃設定>


 温度調整が50℃まで1℃づつ出来ますし、保温時間設定も24Hまで可能です。
ですから最初検討していた時には、有力候補の一つではあったのですが、容積が小さい(約1リットル)ので余り検討せず却下してしまいました。
今年”味噌作り”を行う予定なので、その為5kgの麹が必要となるので最初から大量生産を前提に考えていました。(捕らぬタヌキの何たらです・・・(汗))


仕込み
<仕込み: 容器容量目一杯の3合を仕込みました>

24H
<24H後: 体積が1割程減少しました>

48H
<48H後: 良い麹の匂いがします、今回は順調のようです>

72H
<72H後: 異常なほど(?)麹の匂いが強烈です。これで終了して扇風機で乾燥させています>


 完成が近づくと自己発熱で温度が上昇するので、ヒーターを切って温度を下げると”麹の花”が咲くそうです。
しかし温度は一向に上がる気配がありませんがこれで一応完成としました。

 早速”甘酒作り”をしてみました。
今回は甘酒作りにも”ヨーグルトメーカー”を使ってみました。

  50℃、10時間の保温を行いました。(所有しているヨーグルトメーカーは古いタイプで設定できるMAX温度は50℃です、しかし最新の製品では65℃まで温度設定が出来るようで、甘酒作りも楽に出来ると書いてあります)

 結構甘い”甘酒”が出来ました、 今回の”麹作り”成功です。(前回は飲まなかった奥さんも今回は初めて飲んで、マーマーと言っていました)
ただ幾らか酸味や苦みがあります。


 これで一応何時でも安定した麹作りを行う事が出来ます。
ただ1回に出来る麹の量は400g強なので、甘酒やドブロク作りには十分な量ですが、味噌作り用にはまだまだ検討が必要です。

2015.01.21
関連記事

Comment

非公開コメント