つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

古米活用(麹作り2)

 最初の”麹作り”、失敗しました。


 先に麹作りの保温装置の件をアップしましたが、それを使って実際に”麹作り”を行っていました。

 しかし先の”クーラーボックス保温装置”は開始早々に見限ることになりました。
空の状態では保温能力に問題はなかったのですが、蒸米を入れると温度が全く上がりません。
”蒸米+種麹”を入れてから6時間経過するも、庫内温度は25.5℃以上に上がりません。
クーラーボックスの容積が大きいのと、容器全体の表面がプラスチックで覆われているので熱伝導が大きく温度が逃げてしまっている様です。
一番の原因は”アンカの発熱量不足”です。


 そこで急遽第2弾として”発泡スチロール箱”を使いました。
これは非力なアンカでも、蒸米を入れた状態で33.5℃まで庫内温度が上がりました。
という事で、途中からこの容器に変更しました。
”クーラーボックス”より”発泡スチロール箱”の方が断熱効率(保温性)が高い事が実証されました。


麹
<使用した原料麹: これまでの”ドブロク作り”で一番美味しく出来た麹です>

仕込み1
<米3合を45分蒸す>

仕込み2
<麹50gをほぐして良く混合>

容器変更
<保温箱に入れる: 途中から”発泡スチロール箱”に変更>

a-24H.jpg
<48時間目: 麹らしい非常に良い匂いがします>

完成
<72時間目: 温度を下げ、これで完成だと思いますが”麹の花”はほとんどありません>

 この完成麹が果たして使用できるものなのか判断できません。
麹の完成度を見るのには”甘酒”を作るのが一番だという事で、こちらも貰った古米を炊いて甘酒を作ってみました。
こちらの保温は炊飯器の”おやすみ保温”を使い、57.5℃で10時間保温しました。
出来た甘酒には十分な麹の匂いがあり、期待しました。
しかし甘くありません。(・・・微かに甘く、飲めない事はない程度です)

麹作り、失敗です!!

やはり温度管理が問題だと思います。・・・・・・引き続き検討です

2015.01.11
関連記事

Comment

頑張っておられますね

こんばんは 早速何回も麹づくりに挑戦されていますね。

管理人さんにおすすめしたものの私は昨年末2回仕込んであまり上手にはできませんでした。

麹は仕込んで数時間は発酵していないので最初は温度を高めにしても大丈夫なようです。
私も一番最初はよくわからなくて時間で見ていましたが、今は米粒を割ってみてどれだけ麹菌が中に入っているかを見ています。栗のような香ばしい香りがすれば良いとのことです。

あと少しで良い麹ができそうですね。ヨーグルトメーカーで麹づくりはちょっと無理があると思います。一番大事な水分蒸発が出来ないことと、どこかに残っている乳酸菌が入るようですし。

何だか私も麹作りをやりたくなりました。億劫がらずに挑戦してみます。くず米はまだ25キロ以上ありますしね。

No title

こんばんは
”麹作り”中々難しいですね。
ヨーグルトメーカーは温度管理は簡単ですが、やはり完成時に水分が多く扇風機で乾燥させました。
一応麹の様な物が出来ましたが、匂いが良くありません。
私もまだ古米が沢山あるので、もう少し挑戦してみたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

”万年かぶら”さん
何時も有益なアドバイスありがとうございます。

 「男の趣肴ホームページ」中々面白い内容ですね。
これを参考にもう少し検討して、再々チャレンジしてみます。

ただ今年の手前味噌作りには間に合いそうもないので、次回(2年後?)への備えです。
非公開コメント