つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

古米活用(麹作り1)

  昨年末”精米”の件を投稿したところ、『万年かぶら』さんから麹の自作に関する貴重なコメントを頂きました。
 これまでも考えなかったことも無かったのですが、敷居が高いと思っていて真剣に検討したことはありませんでした。
”万年かぶら”さんのコメントに背中を押された形でしばらく検討していました。

 麹作りで最も問題となるのが”保温”の様です。
麹作りでの最適保温温度は32℃だそうです。
私が住んでる所では(私の家と言った方が適切です)、冬は外の気温が-10℃以下ともなることもしばしばで、暖房の無い部屋では朝の室温が平気で5℃位になってしまいます。
この条件でも温度を精度良く保持できる装置を捜していました。


麹作り1

麹作り2

<保温装置: ”アンカ”+”クーラーボクス”です>


 ”パンの醗酵器”が容積も大きく一番精度よく温度管理が出来るのですが、タイマーがMAX60分しか設定できません。
麹作りは3日間連続で保温が必要でとても使えません。(更に奥さんの管理物件なので改造は無理)

 そこで探し出してきたのが”電気アンカ”です。(大分前に使っていたもの・・・子供が赤ん坊の頃??)
これを”クーラーボックス”に入れて通電した結果、温度コントロールを”中”に設定しておけば、クラー内の温度を32℃前後に保てることが分かりました。(”高”でも最高温度は36℃なので麹作りでの安全性(40℃以下)は確保可能だと思います)

 保温にはこれを使って”麹作り”に挑戦することにしました。
”麹作り”に成功したら後日アップします。

2015.01.07
関連記事

Comment

非公開コメント