つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

焼串改良

 先日タンドールで”タンドリーチキン”を作りましたが、これが非常に美味しくて今後も時々やってみたいと思ってしまいました。
タンドールは窯の全体から熱が出るので入れた材料を回さなくても、全周均一に焼けて簡単に調理できる非常に優秀な調理器だと思います。(美味しいのは言うまでもありません)

 ただ串を縦(ほぼ垂直)に入れないといけないので、串に刺した材料が落下し易いのが欠点です。

 今回”タンドリーチキン”を作った折り、肉の重さで串から落ちないか心配となって串2本を十字に刺して焼きました。
これはこれで十分上手く焼けたのですが、準備作業で刺すのも大変ですし串同士が窯の中で絡み合って位置取りが大変でした。

又以前に魚を焼いた時には、途中で抜けて炭の中に落下させてしまった苦い経験もありました。


 そこで早速『焼串』の改良を行いました。



a-焼串2
<焼串1: 市販品に”Rピン+座金”のストッパーを取り付>


a-焼串1
<焼串2: 自作した焼串、Rピン位置を3段階で調整可能>


 先日TVでインド料理店(日本です)でタンドリーチキンを焼いている様子が映りましたが、1本の串に横向きにして数個刺して焼いていました。(使っていたのはドラム缶位の大型のタンドールでした)
私のタンドールでも今回新規作製した串なら1本の串で3個は焼けそうなので、3本で一度に9人分が出来る勘定です。
と言ってもそれだけ大量に焼く機会はまず無いですね。

 このタンドールは何を焼いても美味しいです !!
しかしタンドール料理で、今回作った様な”ストッパー付の串”を使っているのを見たことはありません。
こんなものを使わなくても何かやり方があるに違いありません。
といっても残念ながら本場でのタンドールの使い方を見たことが無いので、私にとってこのタンドール料理はまだまだ開発途上です。
今後もまだまだ面白い使い方が出来そうな気がしています。


2014.12.27
関連記事

Comment

非公開コメント