つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

タンドリーチキン

 久し振りに”タンドール”を引張り出して来ました。

 クリスマスなので(?)、”タンドール”で鶏を焼きました。 タンドリーチキンです。


タンドリーチキン (2) <タンドール加熱: 薪を30分程燃やしています>


タンドリーチキン (3) <灼熱のタンドール>


タンドリーチキン (4) <チキンを3枚同時に入れました>



タンドリーチキン (1) <完成品です>



 炭を熱源として使う設定のタンドールですが、炭だけでやったのは最初の1回だけで後は薪を燃やして熾きにして使っています。
炭火だけで火力を上げるのは非常に時間が掛かって面倒で止めました。
しかし昔最初から薪を燃やして急激に温度をあげて窯(テラコッタ製植木鉢)を一度割ってしまったことがありましたが、慣らしを十分に行なってやれば薪を目いっぱい燃やしても割れないことが分かりました。

 骨付きモモ肉を焼くのは初めてで、大きいので重さで串から落ちないか心配で串2本を”X字”に刺しました。
これで3枚同時に焼きましたが、一番大きいいタンドールを使ったので余裕で焼けました。
余熱で約30分。
このタンドールは肉を動かさなくても、360°全周均等に熱を受けるので、一旦窯に入れると後は待っているだけでOKです。
完成品は真っ黒に焦げているように見えますが、醤油ベースの味付けなので醤油の焦げで、炭にはなっていません。



 これは美味しかったですね。
特に皮がパリパリで美味しかったです。
ブロイラーにも拘らず、地鶏の味です ? (本当は地鶏の味を知らないのですが・・・汗)
家人にも大好評でした。
ますます”タンドール”の魅力に取りつかれそうです。

2014.12.23
関連記事

Comment

非公開コメント