つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

雪中里芋

 先週から寒い日が続いていたのですが、本日日中は意外に温かい日差しだったので畑に行ってきました。

 少し前に里芋の数株が取り残してあることを思い出して気になっていたからです。
先日今年初めて最低気温が-10℃以下になったのですが、雪が降った後だったので、雪の断熱効果でまだ土の中までは凍っていないだろうと考えたからです。


雪中里芋
<雪中里芋>


 昨日は雨だったにも関わらず、畑の雪はまだ10cm近くあり、どこに里芋が残っていたのか分からず、1畝掘り起こしてしまいました。
その結果やはり土の中までは凍っておらず無事里芋の掘り出しに成功しました。

 今年は里芋の種イモも購入しましたが、少し時期が遅かったのでロクな物が残ってなくて、別ルートで購入したものです。
実は食用として売っていた里芋です。(値段は種イモの1/3です)

 芽が出るか心配しましたが発芽率も100%で、病気も出ず成長も種イモより良かったように思います。
そんな訳で例年より大量に作ってしまって食べきれず収穫がこんなに遅くなってしまいました。
この里芋は形状こそあまり良くありませんでしたが、味は種イモからの物より美味しかったように思います。

 これをもって本当に今年の農作業は全て終了です。

2014.12.21
関連記事

Comment

非公開コメント