つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

種採取2件

 ここに来て昨年収穫した花の種、2種類の採種をしました。

(1)オヤマボクチの種

 昨年初めて咲いたオヤマボクチの花を収穫して乾燥させていました。
自然乾燥していましたが天候不順なこともあって中々乾燥出来ないのでとうとうここまで来てしまいようやく種を採取しました。

a-オヤマボクチ種
<乾燥したオヤマボクチの花>

a-オヤマボクチ種1
<採取した種>


 採取出来た種はペッタンコの物もあり白い物もあり、本当に結実しているのかはなはだ疑問な状態です。
それでもこれを来春畑に蒔く予定です。
この種は寒さに当てないと発芽しない様なので、しばらく外の寒さに晒ておきます。


(2)エーデルワイスの種

 昨年夏から連続してエーデルワイスの花が咲いています。(今も!)
ただエーデルワイスの開花期間は非常に長く、何時が満開なのかまったくわかりません。
しかし3か月程すると”綿毛”となったので、これを採取して乾燥させてありました。

a-エーデルワイス種
<開花したエーデルワイスの花>


 こちらは残念ながら種は1個も見当たりませんでした。
受粉を仲介する虫も馴染が無くて敬遠したのでしょうか、それとも何時が満開か分からなかったのでしょうか?
こちらの採種は難しそうです。

2015.01.15
関連記事

Comment

非公開コメント