つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

長柄調理へら(シャモジ)

 今年はコンニャク芋を収穫してから既に4回程コンニャク作りをやっています。
昨年技術確立した”浸漬法”で一度も失敗無く安定した品質の生芋コンニャクを作ることができます。
それでも”練り”工程の違いか多少の食感に違いが出てしまいます。
”練り”が確り出来た時には弾力性が高いコンニャクが出来るように思います。


 そこでコンニャク作りで使う”長柄調理へら”を作りました。
柄の長いへら(シャモジ)です。
これまでは百均で買った竹製の長柄へらを使っていますが、もう少し使い勝手が良いものが無いかと思って自作することにしました。

 原料は製材の檜端材です。(以前高座椅子を作った時の廃材)
これをバンドソーで薄板に製材し、へらの形状にバンドソーで切り抜きます。
後はベルトサンダーで研磨し最終形状を削り出します。

薪にするしかないと思っていた製材端材でしたが、思わず4個もの”料理へら”が出来ました。
といっても1個あれば十分だったのですが・・・
せっかく出来上がったので、ビール作り用とか、ジャム作り用とかそれぞれ専用で使うことにしたいと思います。


長柄ヘラ (4) <原料端材>


長柄ヘラ (1) <バンドソーで切り抜き → ベルトサンダーで研磨>



長柄ヘラ (3) <クルミオイルを塗って完成です: 右端長さ45cm >


2014.12.11
関連記事

Comment

非公開コメント