つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

石釜用スモーク発生装置

 ”石釜用スモーク発生装置”を作りました。


 これまでは”ロケットストーブ”や”ウッドガスストーブ(WGS)”等、石釜を加熱するために出来るだけ大きなエネルギーを効率良く発生する”燃焼炉”を作ってきました。
しかし今度は出来るだけ燃焼させず(火を立てず)、しかも火を消すことなく出来るだけ長く煙を出させる炉が必要になります。
これはこれで真逆で大変な仕掛けが必要となりそうです。


 この”スモーク発生装置”の目的は”いぶりがっこ作り”です。
”いぶりがっこ”は秋田県のソウルフードです。
本場秋田では、いぶりがっこの大根のスモークには連続3日間ほど行うそうです。(現在の秋田ではスモークした大根の販売もあるようです)
ですから薪も効率よく煙を出し続ける事が要求されます。
という事で技術の粋を集めた(??)新たな炉を作りました。


スモーク発生器 (1)
<原料は”1斗缶”: 以前自動車販売店から貰った残りです>


スモーク発生器 (2)
<薪投入口と煙排出口を作りました>


スモーク発生器 (3)
<石釜の燃焼室にセットしました: 内部汚れを綺麗にすることを兼ねた燃焼試験中です>


 燃焼試験の結果、空気が前面の大きな開口部からしか入らないので急激には燃え上がらず大量の煙が出せる事がわかりましたので、薪を燃やすことで十分スモーク出来そうです。
これでいよいよ”いぶりがっこ作り”に取り掛かります。

2014.11.29
関連記事

Comment

非公開コメント