つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

捨てられない症候群

 今年もそろそろ年末の”大掃除”が始まる時期になりましたね。
我が家にはゴミの様な物(明らかにゴミです)が沢山保管されています。

 先日の”サーキュレーター”の製作では、思わぬ”ゴミ廃材”が役立ちました。
それは”ブラインドリベットの軸”。
ブラインドリベットは非常に便利な材料で、金工(板金)では欠かせないものになっています。
しかし使い終わった後必ず引き抜いた軸が残ってしまいます。
これが非常に強度が高い材料なので勿体無くて、何かに使えないかと取ってあります。(特に目的無く)

捨てられない物 (1)
<ブラインドリベット軸の山>

捨てられない物(5)
<ルーバー: ここで又新たにサーキュレ-ターを1台製作中です>

 サーキュレーターのルーバーの回転軸を作るにあたって最初ピアノ線を切断して試作したのですが具合が悪く、この廃棄物を思い出して使ってみました。
これが真っ直ぐで、強度も高く板に打ち込んでも曲がらないので最適でした。


 もう一つの”廃材?”です
 ”ハブラシ”
我が家は歯を磨いてダメになった歯ブラシを相当昔から全て取ってあります。
これは中々用途が多く捨てられません。

捨てられない物 (3)
<廃ハブラシの山: 1年分ですが時々使っているので半分程度です>


 これには明確な使用目的があります。
現在一番出番が多いのが”チェンソーの清掃用具”。
何時もはエアーで吹き飛ばすのですが、ハブラシでの掃除も欠かせません。
特にエアーが使えない作業現場ではハブラシが一番です。

 その外”換気扇の掃除”、”雨水タンクのパイプ掃除”等、掃除用具としては非常に便利に使っています。
又木工で”接着剤を塗る時のブラシ”、”コーナー部分の塗装する時のブラシ”等中々便利なものです。
何れも使い終わった後、躊躇無く捨てられるのが何よりです。


  最後に台所のSUS製『三角コーナー』
どの位使っているのかよくわからないほど長く使っていました。
ここで側面の板金の繋ぎ目が外れ手を切りそうになったという事で捨てられる寸前で救出しました。

 変形した板金を修正し、SUSのブラインドリベットで補強。(ここでも”ブラインドリベット”を使ってしまいましたね)
金属タワシでクリーニングした結果、又元の姿(?)になりました。
これでまだ10年は使えるのではないでしょうか。

捨てられない物 (4)
<壊れた三角コーナー>

捨てられない物 (2)
<補修上がり>


 その外どうでもよい廃材が山ほどあり、作業場やガレージが埋まっていてしばしば作業の妨げとなっています。
既にその存在すら忘れてしまっているものも沢山ありますが、先日のソーダストストーブの覗き窓に使った耐熱ガラスなど、目的無く取ってあった物が時々有効利用できるのでどうしても捨てられません。

 ですから奥さんに何時も「死んだ後どうしたら良いの?」、と言われています。・・・その時は全て捨ててください!!

2014.12.15
関連記事

Comment

No title

子供の時からの捨てられない症候群で、同じように言われています。
とってあった物が使えたときは無性にうれしいですね。でも最近、探しても見つからないことが時々あるので、もしやとドキッとしています。
電線を切った時のより線の屑もフィルム・ケースに入れてとってあります。環境のためハンダ屑も集めてあります。アルミ、銅、鉛、モーターなどを買ってくれるところが見つかりました。これで安心。

物が物を呼ぶのか、資源ゴミで「取っておいたよ」と、カビの生えたペンタックスSPを持たされました。どうしようか…。

No title

”無用の長物”と言われることもありますが、確かに”長物”かもしれませんが、”無用”ではないので苦しい所ですね。

 私も昔使っていた一眼レフのOM-1、2がありますが、少し前に見たらボディがカビていました。
使っていたころの汗や手垢でカビ易いのだと思います。
使う見込みはありませんが、主に冬山で使っていた思い出の品で捨てられません。

No title

OM-1はデジカメを買うまで活躍していました。仲間を呼び寄せたのかいつのまに3台になりました。乾燥剤を入れてとってあります。
デジタル・フィルムを作るプロジェクトも立ち消えになって残念です。誰か35mmパトローネ互換のデジタル・フィルムを作ってくれたら、使いたいのですが。
非公開コメント