つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

電柵故障

 自作電柵が又故障です。

 先日畑からの帰り際に、農作業中は切ってある電柵の電源スイッチを入れ直したのですが通電している事を確認出来ませんでした。
その時は雨で逃げ帰るところだったので装置を開けて確認することが出来ずそのまま帰ってきました。(最近は猿が来ても畑に近づかないので電柵が稼働していなくても大丈夫なのです)

 今日晴れたので改めて確認に行ってきました。
その結果電柵は問題なく機能していました。

 放電しなかった原因は”バッテリー上がり(鉛蓄電池)”でした。
電柵の消費電力に対して、ソーラーパネルの発電量不足が原因の様です。



バッテリー充電 (2)
<電柵電源装置>


 電柵はバッテリー電源が無くても日中なら、ソーラパネルの発電だけで機能しています。
今回たまたま雨でソーラーパネルの発電量が極端に少なかったので発見できたのだと思います。
バッテリーの電圧は10Vになっていました。(これはかなりの危険領域です)



バッテリー充電 (1)
<急速充電>



 早速車用の急速充電器で充電を行い再設置しました。
今後は定期的にバッテリーチェックが必要になると思います。
それでもこんな装置で半年近く問題なく稼働出来ましたので、結果オーライでしょう。(投資金額に十分見合った成果・・・?)

 最近では近所で猿は話題にならなくなりました。
今年の我が家の畑は電柵を設置してから猿被害0です。(病害虫は相変わらずですが)
お隣さんからも「お陰様で!!」と言われています。
猿の出現は相変わらずあるようなのですが、被害は無いとの事です。(隣の畑にも近寄らない様です)

 嬉しいですね !!


2014.11.27
関連記事

Comment

No title

zukudase1さんもハッピー、隣の畑の方もハッピーでよかったですね。
サルを追い払ったことが語り継がれ、zukudase1さんは陽の光でヒヒを退治して村を救った伝説の英雄になっているとか…。今はドッグイヤーの時代だから10年後くらいには。

おサルさんは知恵があるだけでなく用心深いのでね。
想像力が働いて未来が予測できるのでしょうね。
『朝三暮四』はサルではなく「頭の黒いサル」の話ではないかと思いました。子供手当が出たがそれ以上に扶養者控除が減ってプラマイしてマイナスなんて…。
非公開コメント