つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

室内用ソーダストストーブ(その2/改善)

 先日試運転を行った作業場用ソーダストストーブに燃焼状態を確認できる”覗き窓”を付けました。

 今年新規に作った”ソーダストストーブ”ですが、外から燃焼状態が全く見えないのが最大の欠点でした。
その為適切な燃焼制御が困難でした。
作業場のメインストーブとして使うには、内部の燃焼状態が見える事が必須と考えて覗き窓付のソーダストストーブを2種類造ってみました。

その1: 本体に覗き窓取り付け


覗き窓 (1)
<雲母ガラス(マイラ)製>



<マイラ製の確認動画>


 この覗き窓は耐熱ガラスではなく”マイラ(雲母)”です。
前に解体して廃棄処分したファンヒーターの燃焼室の覗き窓に使われていたものです。
サイズが小さいのですが、内部状態は十分確認が出来ます。
しかし連続燃焼する場合は、複数個の本体を準備する必要があり、覗き窓もそれぞれに必要となりますがこのマイラ板は1枚しか有りません。


その2: 覗き窓付ストーブカバー



a-覗き窓
<ガスコンロ用耐熱ガラスの覗き窓付きカバー:後ろに空き缶煙突も付けました>


<燃焼状態確認動画>


 これはガスコンロの魚焼きグリルの前面に使われていた耐熱ガラスです。
これはたまたま曲面で出来ていてペール缶の曲率とほぼ同じだったので取り付け加工が簡単に出来ました。
又面積が広いので内部を見るのに大変好都合です。
最初煙で曇ってしまうのでは無いかと心配でしたが、全く問題なく最後まで綺麗に内部を見る事が出来ました。
これは本体とは別のペール缶となるので、1個あれば共通使用可能です。
ただ現在はこのカバーと本体との固定方法が面倒なので、簡単に取り付け取り外しが出来る構造に更なる改善が必要です。

2014.12.13
関連記事

Comment

非公開コメント