つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ヤーコン収穫

 ヤーコンを収穫しました。

 今年のヤーコンは木の成長が悪く心配しましたが、結果はまずまずとなりました。
ただ作付は1畝だけで株数では昨年の半分でした。
しかし今年は大きな芋が多く、収量は昨年の2/3までいっている様に思います。


ヤーコン収穫
<収穫したヤーコン芋>


ヤーコン栽培を何時開始したのは正確には覚えがありませんが、10年程前だったと思います。
猿被害の無い作物として食べたこともなかったので2、3株試験栽培をしてみたのが最初です。
当時は”ヤーコン茶”作りを目的にしていたのでヤーコン芋はあまり食べなかったのですが、ここ2・3年は色々試してきて消費量が増えました。
その内容を少し公開します。(ただWEB検索すると何時も出てくるような、定番の料理は除いてあります)

■これまで実証済の加工方法 ・・・ (評価結果: ◎:優 /○:良  /△:可 /●:不可  ・・・あくまで主観です )

  ◎凍みヤーコン
  ◎干しヤーコン
  ◎ヤーコンジュース(100%、無添加)
  ◎ヤーコン酢
  ○ヤーコン糖(濃縮液) ・・・美味いが色が悪い
  ●ヤーコン糖(パウダー) ・・・非常に手間が掛かる割に使いづらい(ただ味は美味しいです)
  ●干芋 (サツマイモと同じ加工方法) ・・・わざわざ作る価値のあるものではなかったような・・・?

 (注)上記のほとんどはこのブログに掲載がありますので興味がある方は検索してみてください。
   
■今年の新たに挑戦したい加工方法(あくまで予定ですが・・・)

  ・ヤーコンジャム
  ・焼芋 
  ・ヤーコン酒 ・・・ワイン、ビール??
  ・ヤーコンアイス(ジェラート)


 このブログを読まれている方で、何か独創的な(WEBに無い様な)ヤーコン芋の加工方法(料理)があったら是非情報提供してください。
頂いた加工方法で私が興味を持ったものは実際に作ってみて、結果(当然旨い、不味い)を原則公開させていただきます。

2014.11.17
関連記事

Comment

非公開コメント