つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

煙突修理

 作業場屋根修理に引き続いて、同じく春先落雪で破壊された”煙突トップ”を修理しました。

煙突修理 (1) <壊れた煙突: 空が綺麗です >


 下から見ていた限りでは、簡単に修理できるように見えましたが、外してみるとかなりのダメージを受けていました。
改めて雪(多分氷の塊)の威力のすさまじさを感じました。



煙突修理 (2) <煙突とステーのダメージ>

 
 へこんだ部分をプラスチックハンマーで叩いて修理する予定でしたが、そのままではハンマーの入らない部分もあり、リベット(銅製)を切断して一旦分解しました。
それをプラスチックハンマーで打ち出し、綺麗に(?)整形しました。
最後にリベットの代わりにブラインドリベットを使って固定して完成。


 見る限りほぼ元通り、何事もなかったかの様な姿(?)に戻りました。 (遠くから見ると・・・汗)


煙突修理 (3)  <修理完了した煙突とステー>


煙突修理 (4)  <煙突に取り付けて作業完了です: 今日は一日穏やかな晴天でした>


 ついでに煙突掃除も行いましたのでこれで何時寒くなっても薪ストーブが焚けます。
更に今年は新たな薪ストーブも作りたいと思って検討しています。
もし完成(成功)したらブログにアップします。

2014,11,19
関連記事

Comment

No title

これはSUSに見えますが、こんなにダメージ受けたですね。

それを、見事復旧されましたね、さすがです!!

No title

上手いものですね。
ビードも折れて、接合部も変形しているのに綺麗に直してあって。
気が短い私はハンマー痕が残ってベコベコになってしまいます。

ブラインドリベットの失敗談
便利だと思ってブラインドリベットと銅板で箱を作ったら何年かしてバラバラになりました。見るとリベットがアルミなので腐食して破断していました。雨水が溜まっても気にせずにいたのが原因でした。材質を気にしていなかったので虚をつかれ驚きました。

No title

SUS材の打ち出しは思いの外楽でした。
硬いので凸凹になりにくいのでしょうね。

 今回アルミでも良いと思ったのですが、SUS製のブラインドリベットを使いました。
異金属同士だと局部電池で腐食すると聞いていましたが、胴とアルミはそんなに相性が悪いんですね。
私も銅板をアルミリベットで接続したものがあるので注意してみてみます。
非公開コメント