つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

生芋コンニャク作り

 今年収穫した”コンニャク芋”で早速コンニャク作りを行いました。

 夏場の生芋の無い時期に”自作荒粉”を使ったコンニャク作りに何回も挑戦したのですが、満足できるコンニャクを作ることが出来ませんでしたので、この収穫を心待ちしていました。


コンニャク収穫
<収穫したコンニャク芋>


 正直今年のコンニャク芋の出来はあまり良くありません。
天候のせいだという事にしておきます ・・・? 


 収穫した生芋で早速コンニャク作りをやってみました。

コンニャク芋
<使った生芋: 2.9kg、4回作れます>


 昨年技術確立した”浸漬法”での製法です。
ところが失敗でした。 ・・・かなりのショックです
昨年のレシピと全く同じで、分量、手順共問題ないはずでしたが失敗でした。。

 出来たコンニャクは表面はややピンク色、”内部が黄色”で食べるとやや苦みが感じられます。
刺身コンニャクにしてもやや弾力性に欠けます。(食感は悪くありません)

 ピンクになるのは、浸漬での”アク”が抜けきっていないのが原因だと考えられます。
内部が黄色くなるのは”凝固剤の量が多過ぎ”と言う記述がWEBにありました。
しかし凝固剤はレシピ通りで、最終的には2割ほど容器に余っていましたから多過ぎではないと思います。
不思議です・・・??

 しかし浸漬法以前のコンニャク製法の物と比較するとはるかに美味しくは出来ていました。
それでもやはり昨年の味を確り覚えているので満足できません。
今回使った生芋は1/4だけなので、残りの芋で再挑戦します。

2014.11.09
関連記事

Comment

非公開コメント