つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

キウイ収穫

 本日”キウイ”の収穫をしました。

キウイ1
<キウイ>


 実を言うと収穫するのを(存在すら?)全く忘れていて、大慌てで収穫した次第です。
7年位前までは我が家も前庭一面にキウイを栽培していて、最盛期には100kgほど収穫したこともありました。
それを駐車場を作る必要に迫られて切ってしまいました。

 3年前に新たに2本の苗木(雌木)を植えて育てていました。(雄木だけはまだ残してありました)
1本は冬を越せなくて枯れてしまいましたが、1本は生き残って、ようやく今年初めて実が付きました。
昨年も花は咲いたのですが実は付きませんでした。
今年は人工授粉をしましたのでその効果でしょうか。
以前栽培していたのは”ヘイワード”という品種でこちらは長野県でも一般に栽培されていて耐寒性は全く問題がありませんでした。
今回植えたキウイの品種は”香緑”と言うもので、味が良いということで植えましたがやや耐寒性が低いようです。(温かい香川県で品種改良されたものだそうです)

 先日霜が降りてキウイの葉が枯れて落ちて、実が見えるようになってようやく生っているのを思い出しました。
キウイは収穫後1か月程度追熟を必要としますが、霜が降りる前に収穫しないと追熟期間中に腐りが出やすいと言われています。
以前栽培していた時はその事は常に頭にあったのですが、このところ栽培していなかったのですっかり忘れていました。
大した霜ではなかったのですが、大慌てて収穫しましたがどうなりますか?

キウイ2
<初収獲したキウイ:: 大小76個、3kgありました>


2014.10.31
関連記事

Comment

No title

さすが100kgの実績があるそうで、3kgも素晴らしいですね

Re: No title

品種が違うので比較が難しいのですが、この”香緑”は小さ目です。
今年は摘果せずに全て育てました。
キウイは受粉と摘果が重要ですが、その時はまだ栽培方法を理解していませんでした。
ですから以前作った時の100kgは明らかに生らせ過ぎで、1/4位はピンポン玉のようなサイズの実で不味くて大分捨てました。
又今年もそうでしたが、雌花と雄花の咲くタイミングが中々合わなくて人工授粉では何時も苦労しています。
非公開コメント