つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

サーキュレーター(第2弾/その2)

 シロッコファンを使ったサーキュレーターが完成しました。

 設置形態を色々考えたのですが、モーターむき出しのまま天井から吊り下げるのが最も簡単(何も加工しなくてよい)で空気循環効率も高い使い方ですが、仮設したところ工場ならいざ知らず、居間では”見栄えが悪く”即却下となりました。
そこで前のサーキュレーターと同じく部屋の隅に、縦置きすることで設置面積を小さくすることにしました。

 ファン周囲を杉板で囲い、吹き出し口の風向を下向きに変えるのに”ルーバー”を付ける事にしたので、少し複雑な設計、製作となりました。


ルーバー
<ルーバー(手動式)の構造: 金属軸を打ち込みこの軸で回転させます>


杉板ケース
<製材した杉板で作った、サーキュレーター本体ケース>


杉板ケース2
<上から吸い込んで前面から吐き出します>


サーキュレーター完成
<ストーブ(FF)上の天井近くに設置したサーキュレーター>

 

 
 最高スピードでも動作音は静かですが、風量が少し大きいので”スピードコントローラー”で制御するようになると思います。
又電源ON/OFFを簡単に行うためプルSWを取り付ける等、今後電源周りの改善を少し行う予定です。


2014.11.13
関連記事

Comment

No title

電気、金属のみならず、木工もかなりの腕前でっすねえ。脱帽です!!!

No title

こんばんは
お褒めにあずかり恐縮です。
どちらかと言えば木工が本業(?)で、電気は副業、板金はアルバイトです。

 今回製材した杉丸太は内部が腐っていて木取に苦労しました。
表側だけ良さげに見えますが、裏側は腐れをそのまま使っています。
DIYはそんな木でも使えるところが良いですね。

非公開コメント