つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

キノコ狩り

 今日は一日温かで良い天気でしたね。
富士山も良く見えていました。

キノコ狩り1 <富士見町です、ここまで来ると富士山も近くに見えます>


  今日は所属する山岳会の秋恒例の『キノコ狩り』でした。

 ”キノコ狩り”とは聞こえが良いですが、名ばかりで実質は”飲み会”です。
それでも昔は近くの”守屋山”に登って実施していて、キノコも採りましたし屋外で火を焚いてキノコ汁を調理していましたから”キノコ狩り”と言っても全く恥ずかしくありませんでした。
しかしここ数年は元会員(故人)の富士見町の別荘を提供していただいているので本当に”飲み会”になってしまっています。(・・・こういった行為をこの辺では”ズクなし”と言います)
建っているのが森の中なので一歩家を出るとキノコ狩りが楽しめる絶好の地です。

 ”飲み会”とは言っていますがそれでも先ずは”キノコ狩り”を行いました。
例年名ばかりの”キノコ採り”ですが、今年は思いの外収穫がありました。

キノコ1 キノコ2 キノコ3 キノコ4

<本日の成果: チャナメツムタケ(ナメコ?)、クリタケ>

 後は大宴会。
本日のメーン料理は、『サンマの炭火焼』。
炭火で焼いたサンマは本当に美味しかったです。
それも一人2匹当てあって堪能しました。

キノコ狩り2 a-キノコ狩り3
<オープンデッキで大宴会>


 私も”自ビール”を持参しました。
『生ホップビール』です。
まだ味見していなかったので不安はありあしたが、暑かったこともあって皆さんに「非常に美味しい!」と飲んでいただけたので、2㍑の樽はあっという間に空になってしまいました。
毎年2㍑の樽を持っていくのですが、空になった事はありませんでした。
「これまでのビールで一番美味しかった。」という有難い(?)ほめ言葉を頂きました。(これまでは不味かった・・・?)
確かにホップの香りと苦みはこれまでで一番良かったように思いました。

2014.10.25
関連記事

Comment

非公開コメント