つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

いよいよ大晦日

 いよいよ今年も大晦日です。
大晦日と言えば”年越し蕎麦”。
そこで
先日、今年初収穫した”オヤマボクチ”の精製をしました。


 以前同じ仲間の”ハバヤマボクチ”を精製したことがありましたが、それに比べれば楽に出来たと思います。
しかし”ゴボウ葉”の精製と比較すると、数倍時間がかかりました。
今後、精製方法の技術確立(合理化)が課題となります。

<精製方法はここをクリック>


年越し蕎麦 (1)  年越し蕎麦 (2)

 <今回精製したオヤマボクチの繊維>


 収穫した葉は天日で乾燥した後、自作の乾燥機(熱源は蒲団乾燥機)に入れて十分乾燥させて使いました。
完成品(写真の状態)ではまだ最終精製出来ていない状態ですが、私の場合はこれで完成です。
煮ていないので色が少し黒く又葉肉も少し残っていますが、このまま使用時まで保存します。
”ボクチ蕎麦”は蕎麦打ちの準備作業としてこの繊維を数回熱湯で煮る事が必須なので、これが最終精製を兼ねる事になるのでこの状態でOKです。


 今回の精製で生葉306gから22gの繊維が取り出せました。
収率7.2%です。
 
以前に参照した信州大学の論文では収率は以下のようになっていました。
   ●生葉に対する収率   :  2.7%
   ●乾燥葉に対する収率 : 18%

 今回生葉の重量は計りましたが乾燥葉の重量を計リ忘れました。
生葉の収率だけで比較すると、論文の2.7%に対して7.2%となっていますから2.7倍になってしまいます。
この結果に私の精製方法は画期的だと喜びたいところですが、これだけ差があると明らかな間違いがあるはずでまだ素直に喜べないですね。
 以上このオヤマボクチに関してはまだまだ分から無いことだらけで、栽培方法も精製方法も課題が山積です。


 今年の収穫物は少量しかなく、ここで全て精製してしまったので、この収率問題は来年に持越しです。
後はこの精製品が本当に使えるかどうか、これから年越し蕎麦で検証します。



 それでは良いお年をお迎えください !!


2014.12.31
関連記事

Comment

非公開コメント