つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

サーキュレーター(その2)

 まず”軸流ファン”を使って、サーキュレーターへ改造しました。

 こちらは天井に平行に吊るして、真下に風を送る構造で考えています。
最初単純に木枠を付けて、安全の為羽根をガードする網(焼き網)を付けるだけのつもりでした。
ところが加工途中で”ルーバー”を付けることに急遽設計変更しました。


a-軸流ファン1
<塗装後の本体組み立て>


a-軸流ファン2
<サーキュレーター完成: 赤い紐は天井から吊るすためのものです>



 一応ルーバーは可動式になっています。
但し連動はしていないので、1枚づつ手で動かして角度調整します。

 電源を入れて回してみましたが、そのままだとやっぱり五月蝿いので自作のスピードコントローラーで制御することにしました。
このモーターは制御可能範囲が意外と狭くて微妙な調整は面倒ですが一応回転制御できました。


2014.10.11
関連記事

Comment

非公開コメント