つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

腕時計電池交換

 永らく止まったままだった”登山用腕時計”の電池交換を自分でやってみました。

 故障したPCの再生を行っていて、PC関係部材を入れてあったダンボール箱をひっくり返したら底から高度や方位を表示出来る”多機能腕時計”が出てきました。
この時計は一度止まった後、電池交換を行わずにお蔵入りになってしまっていました。
理由は電池交換費用が恐ろしく高かった事。

 格安で電池交換を行っているHCに持って行ったのですが、この種の時計は当時としてまだ珍しく特殊な構造なのでメーカー送りという事でした。
その上、電池の数が多いので追加料金が必要ということもあって交換費用が恐ろしく高かった様に思いました。(最低¥4,500、正確には送ってみないと分からないと言われた様な・・・?)
そこでは交換せず、別の手立てを考えている内にそのままになってしまいました。

 今回WEB検索したところ、電池交換方法を丁寧に掲げたブログがあったのでダメモトで分解してみました。(壊してしまった人のブログもありましたがこれは見なかった事にします)


電池交換 (3)
<この時計です>


電池交換 (1)
<時計分解: 電池交換ではここまで分解してはいけないようです>


 分解は簡単にできましたが、組み立てで苦労しました。
改めてブログを見たら注意事項として、電池交換ではそこまで分解しないようにと確り書いてありました。
”慌て者の早とちり”です。

 同じ機種でも電池が2個のものと、4個の物があるようですが、分解の結果電池が4個確り入っていました。
それも極特殊な銀電池でした。(百均に無い)
先日PC部品をNET通販で購入した時、この電池も一緒に注文しておきました。

 この電池交換作業の最後に最大の難問が発生しました。

 バネが一本余りました。・・・??

このバネは分解時にはその存在に全く気が付きませんでした。
分解途中にどこからか落ちた物と思われます。
WEBを探しましたが記述がありません。
最後にたどりついたのが、写真に示したこの小さな穴でした。


a-最後に残ったバネ
<最後に残ったバネ: 電池交換はこの状態で行います>


a-電池交換完了
<電池交換完了>


 組み立て後問題なく動いていますから、多分大丈夫でしょう。(・・・なくてもOK??)
自分で分解すると防水性の保証は無いという事になっています。(・・・それは覚悟の上です)

 この電池購入費用は¥870也。 (電池が5個組だったので1個余りました。・・・4個計算なら¥714)
安く電池交換できましたが、今はこの手の多機能腕時計にも”ソーラー・電波タイプ”がありますから、新規に買うならそれですね。

 それにしてもしばらく使っていなかったので操作方法をすっかり忘れてしまいました。・・・この時計の操作は中々難しい!!!

 この時計を一昨日の”高社山”登山で使ってみました。
古い時計なので、外の皆さんが使っている最新式の多機能腕時計と比較すると高度測定の精度がやはりイマイチでした。
登山口(標高440m)で高度を合わせたのですが、頂上(1352m)では35m低く表示されました。(外の皆さんは±10m以内)
ただ再度頂上で高度修正を行い、帰ってから自宅の高度を見たらぴったり合っていましたので捨ててしまうのにはまだ惜しい気がします。
 この時計の高度計は気圧換算なので誤差があって当然です。
それに表示単位が5m間隔とかなりラフです。
という事で高度は目安程度に考えて電池が切れるまで使ってみます。


2014.10.17
関連記事

Comment

非公開コメント