つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

クマザサマット

 だいぶ前に知人から依頼があった”クマザサマット”を作りました。

 先日部落の用事で山に入ったついでに”クマザサ”を採取してきました。
”味噌カビ防止用クマザサマット”を作るためです。
これは非常に小振りのササで、冬でもほとんど葉の外周に”クマ(隈)”ができませんから、”クマザサ”と言えるかどうか良くわかりません。

 味噌カビ防止に”クマザサ”が良いと聞いてから山登りの機会に各地でクマザサを取って試してみましたが、高山にある普通の大きなクマザサより、里山のこの小振りのクマザサの方が効果が高い事が分かり、今はもっぱら家の山のこのクマザサを使っています。(本当の自給自足・・・普通のクマザサでも十分効果があるとは思っていますが)

 普通のクマザサなら20~30枚の葉で1枚のマットを作ることができますが、こちらの小振りなクマザサだと100枚程度必要になります。
ですから程度の良い葉を集めるのが面倒なので、頼まれてから半年くらいたってしまいました。
先日その知人が自作の味噌をカビさせてしまったと聞いたので、慌てて作ることにしました。


クマザサマット
<完成した”クマザサマット” :人にあげるのでいつもより丁寧に作りました?>

2014.10.07
関連記事

Comment

非公開コメント