つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

サーキュレーター(第2弾)

  サーキュレータの第2弾として”シロッコファン”を改造しています。

ターボファン
<シロッコファン&ターボファン>

塗装上がり
<全塗装したファン>


 朝晩寒くなり我が家でもとうとう石油ストーブを使い出しました。(ファンヒーターでないやつです)
サーキュレーターの改造を始めた頃はまだまだ早いと思っていましたが、急速に季節が動いています。

 さてこのシロッコファンを使ったサーキュレーターの改造ですが、結構悩んでいます。
一番の理由は”図体が大きい事”。
中々良いデザインが思い浮かびません。

二番目の理由は、”ターボファン”を使うことにした為、デザインが余計難しくなりました。
ターボファンの流量はそれほど大きくないのですが、これを取り除いても本体サイズが小さくならないので、少ない風量ですが有効に使いたいと思って残す事にしました。

三番目の理由は、重量が重いので、天井への固定方法をどうするか悩んでいるからです。
重量は5kg弱あります。

 何案かある構想をCAD(AR-CAD)設計していて最終決定したいと思っています。

 いずれにしろファンを取り付けるケースや設置台が必要ですが、設置する部屋が、杉板張りのため同じ杉板で作りたいと思っています。
そこで材料の杉板の有無をチェックをしたところ、必要となる幅広材が無かったので急遽製材を始めました。


杉製材 (3)
<乾燥杉丸太のバンドソー製材>

杉製材 (1)
<製材した杉板>

杉製材 (2)
<板剥ぎ/ビスケットジョイントを使っています>


2014.11.07
関連記事

Comment

No title

噴流ポンプと呼ぶのでしょうか、高速の流体で周囲の流体を巻き込んで流量を増やしたり吸い込んだりするポンプ?があります。
ターボファンでまわりの空気を巻き込んで流量を増やせませんか?

No title

 このターボファンはバーナーの燃焼用空気を燃焼室に送り込むための物で、モーター側に吸い込み口があり、モーターを冷却するのも兼ねていたようです。
ファンとハウジングの間隔を詰める事で、静圧を高められると思いますが、ハウジングがラフな作りでそれほど詰められないので風量が上がりませんでした。
多分バーナーの燃焼を安定させるために燃焼用空気の流量を変動させない設計ではないでしょうか?

 ただサーキュレーターとして使うにはシロッコファンの流量だけでも十分なのですが、回転数を下げてより静粛性を高めるにはターボファンも有効利用したいところですが、回転数を下げるとターボファンの流量が極端に少なくなるので痛し痒しといったところです。
非公開コメント