つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

「鬼面山」登山

 本日は所属する山岳会の月例山行で、「鬼面山」に登って来ました。
この山は南信(南信州)にある1889mの山ですが、標高と関係なく〃登り甲斐〃のある山でした。
何時も2000m以下の山だとバカにする傾向がありますが、今回は結果として全く侮れ無い山となりました。

 今回参加者が13人で、17人乗りのマイクロバスを使いました。
この山は大鹿村から上村に抜ける〃秋葉街道〃の途中の地蔵峠が登山口になりますが、この道は国道ながら非常に狭く長さ7mのマイクロバス1台がようやく通れる幅しかありません。
対向車があれば、どちらかが所々にある退避帯までバックしないといけません。
今日のドライバーさんはこの道は初めてで「知っていたら来なかった!」と言っていました。

 今回はまだまだ書きたいことが沢山ありますが、又タブレットからの投稿なので詳細は後日PCが復旧したら写真と共に掲載します。

 今年の夏は天候不順で雨で2回も登山計画が中止となり今回が3ヵ月振りの山登りで確り疲れました。

2014.09.17
関連記事

Comment

No title

私の産まれた田舎の山です、但し、登ったことがありません。

早く、写真アップしてください。

本当に活動家ですねえ。。。

No title

 ここはVerdyさんの故郷でしたか。
中々良いところだと思いますが、これからリニア新幹線建設で心配ですね。

 山の写真もPCが使えるようになりましたので、ようやく整理出来るようになりまし。
載せても問題ないものがあれば後日アップしたいと思います。
非公開コメント