つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

不運は重なる

 〃不運は重なる〃とはよく言ったもので、PCの問題がまだ片付かないにもかかわらず、今度は〃電柵〃が壊れました

 昨日は耕作放棄地(?)をトラクタで掻き混ぜ草取りと、畑の夏野菜類の整理を行ないました。
夕方引き揚げる時、何時ものように電柵のSWを入れ電柵チェッカーで確認しましたが放電しません。
何時も畑に行く時は必ずテスターを持って行っていたのですが、昨日に限ってまずい事にテスターを忘れていました。
〃まが悪い〃と言うのはこのことですね。

 仕方ないので、ソーラーパネルも含め、全ての電柵電源一式を取外して持ち帰って来ました。
本日の原因解析を行なったところ、ソーラーパネルとバッテリー、及びコントローラから高電圧発生器(イグナイター)を接続する二箇所の中間コネクタの内部で錆とショートしたような焼け焦げがありました。
いずれもケースの外にあって雨に当るところです。
ビニールテープで絶縁してありますが水が入り込んだ様です。(写真は撮ってありますが,PCが使える様になったらアップします)
この為電源本体のヒューズが切れていました。

 中継コネクタには百均のオーディオ用ミニプラグを改造して使っていましたが濡れに対しては極めて弱いようです。(ケース内部でも使っていますが雨の掛からない所は大丈夫でした)

 不具合箇所の中継ミニプラグは止めて、雨の掛からないケースに小ネジでターミナルを作って圧着端子を固定するように改善しました。

 この結果心配していた〃ソーラーパネル〃や〃イグナイター〃は正常に動くことが確認出来ました。
電柵が何時から動かなくなったのかは定かで有りませんが、最大一週間動いていなかった可能性があります。
猿は賢いので一度危険な目に会うと当分そこに近づかないという事を聞いたことがありますが、この性質が幸いしているようで、畑には被害がありませんでした。

 それでも心配なので昨日は最後のモロコシと枝豆を全て収穫してきました。
これで畑は取られるものは無いので、当面電柵は不要なのですがそれでも学習効果維持の為、出来るだけ早目に再設置したいと思います。

 今回も又、タブレットからの投稿です。
 早くPCを何とかしないと−−−−−!!!

2014.09.15 
関連記事

Comment

非公開コメント