つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

サーキュレーター

 居間の”サーキュレーター”の更新を検討しています。

 我が家では冬場のストーブ暖房時の天井付近に滞留する暖気を掻き混ぜるて暖房効率を向上させる目的で”サーキュレーター”を自作して使っています。
これまでは使わなくなった”ウインドファン”を改造したものを使っていました。
しかし高回転側での騒音及び振動が大きくなって回転が上げられなくなった為、空気の搔き混ぜが上手く出来ないので最近はあまり使わなくなってしまいました。(軸受にベアリングを使っていないため軸ガタが大きくなった為です)

 今回ガレージに放置されていた”ファンヒーター”から取ったファンが作業の邪魔になったので冬にはまだ時間がありますが急遽改造することにしました。

a-廃家電
<取り外す前のファンヒーターです: (1)シロッコファン付き、(2)軸流ファン付き>

 ファンは二つありますが、今回両方共改造して設置した結果で最終的にひとつを選択したいと思います。


 まずひとつ目は”シロッコファン”は以前奥さんの実家の古いファンヒーターを廃棄処分した時、分解して使えそうだと考えて剥ぎ取っておいたジャンク品です。
最近のファンヒーターは”軸流ファン(扇風機様)”を使っていますが、初期のファンヒーターでは音が静かな高級品の”シロッコファン”を使っていたんですね、流石です。(変更はコストと小型化の関係だと思います・・・改悪!?)


a-シロッコファン  <シロッコファンです>


 単相(100V)のコンデンサーモーターですが少し特殊な結線で、剥ぎ取った時配線をきちんと書き留めて置かなかったので結線に手間取りました。
しかしWEB検索すると、結線の仕方が丁寧に書かれているサイトがあり、無事動かすことが出来ました。

 このファン中々静かです。
ファン本体もモータ直付けなので軸受の問題や振動もなさそうです。


 二つ目は上記ファンヒーターより少し新しいもので、”軸流ファン”を使っていました。
これも100V仕様ですが、電線2本だけなので配線は至って簡単です。
こちらの動作音はそれなりに騒々しいので回転数制御が必要になりそうです。

a-軸流ファン  <軸流ファンです>

 とりあえず両方とも全て分解して”錆落とし”を行なった後、スプレーで全塗装しました。

2014.10.09
関連記事

Comment

No title

(1)は横長なのでクロスフローファンかと思いましたが、端面に大きく開講しているのでシロッコファンなのですね。

トイレファンの平軸受けが摩耗してガタガタいうようになったので、粘度の高いオイルをさし、油膜が厚くしたら静かになりました。繰り返せば一時しのぎにはなります。
柔らかいグリースを入れたらよかったかなと思います。

No title

今まで使っていた”ウインドファン”の転用品がクロスフローファンを使っています。
今回のシロッコファンの反対側に”ターボファン”がついているのですが、風量も大きくないし、取ってしまってもモーター軸が飛び出すだけなのでこのファンをどうするか検討しています。
又モーターを含め全体が結構重いので天井への固定方法が悩ましいところです。
非公開コメント