つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

又々蜂に刺されました

  1週間前にアシナガバチに刺されて、ようやく痒みと腫れがなくなったと思っていたら、又々アシナガバチに刺されてしまいました。

 天候不順(秋雨前線の為だそうです)の為、収穫が遅れていた”ホップ”の収穫を行いました。
先週ホップの状態を確認したところ、既に収穫時期を過ぎてしまっている株が沢山ありました。
そこで今週は雨でもなんでも収穫する積もりでいました。
週末は雨の予報が出ていましたが、幸い時々日差しがあるまずまずの天気で、無事収穫する事ができました。

 ホップの収穫方法は、まずホップの株元の蔓を切り離します。
次に三脚に乗って棚の天辺のロープを切てホップを蔓ごと地面に落とします。
このロープに絡まった蔓付のホップを一旦大きなビニール袋に入れて家に持ち帰ります。
それを家でホップの実を1つづつ丁寧に摘み取ります。(出来るだけ収穫したその日に行い、乾燥機に入れる)
同時にロープも蔓から外し繋ぎ合わせて来年又再利用します。(・・・繰り返し利用するのでコブだらけです)


ホップ1 <ホップ棚>

ホップ2 <今年のホップの出来は良くありません>



 この手順で、最初のホップの株元の切り離しで、2株目を切断している時左手の甲にチクリと来ました。
1週間前刺された場所とほとんど同じ場所でした。

 後で確認したら、根元の蔓が込み合っている部分にアシナガバチの小さな蜂の巣があり、2匹の蜂が巣を守っていました。
この巣の5cm程下を左手で握って、その下を剪定バサミで切断していたことが分かりました。
今回は軍手をはめていましたが、全く効果がありませんでした。

 と言う事で又々”痒み”に苦しんでおります。
今年は蜂の巣が少ないと感じていましたが、実際は多いのでしょうか・・・?
それとも蜂の巣を見つける度に何時も叩き落としていたので”蜂の祟り”でしょうか・・・?

 おまけに今年のホップの出来は天候不順の影響か、あまり良くありませんでした。
『泣きっ面に蜂』とはこのことですかね・・・?


2014.08.31
関連記事

Comment

No title

蜂が巣を高いところに作ると雨が多い、低いところに作ると強い風が吹くと聞かされました。
いつも棟瓦に巣を作るコアシナガバチが地面スレスレに巣をかけていました。はたして風が吹くのか???

空梅雨だと蜂が多くなるように思いますが、今年は蜂が少ないような気がします。乾きすぎて芋虫が少なかったのだろうかとも考えています。

抗体ができるとアナフィラキシー・ショックが強くなるので、二回目に刺されたときは気をつけろ、すぐ医者に来いと言われました。
痛みや腫れは注射で軽くなります。
重ねてお大事に。

No title

 今晩は
蜂の巣の位置にも色々謂れがあるんですね。
米搗さんの博識には何時も感心させられています。

 今年は蜂の巣が少ないと思っていましたが、やはり同じ様に感じられていましたか
それにもかかわらず2度も刺されたのはよっぽどついていないと言うことですね
”2度あることは3度ある”と言うことにならないように今後は十分気をつけたいと思います。
非公開コメント