つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

収穫の秋

 苦労しましたが畑のかぼちゃの収穫を行いました。

かぼちゃ収穫1
<かぼちゃの猿防護柵>


 かぼちゃの”防護柵”を作ったのは今年が最初ですが、当初の長さは5.5m/本でした。
その後蔓の成長がすさまじく、途中で更に延長して現在合計7.6m/本となっています。(それが2本)
それでも既に先端は枠から既に飛び出していますがもはや増設資材がありません。
かぼちゃの成長は本当に凄いと思います。

 この防護柵の中のかぼちゃの実の収穫は中々大変です。
まだ成長途上の実があるので、収穫後も元の状態に戻す必要がありました。
そこで鉄アングル上に針金止めした溶接金網を1枚づつ外してその部分の実だけを収穫しては金網を再度固定し直すという面倒臭い作業を繰り返していました。

 しかし最終段階になって、鉄アングルの枠を持ち上げると、その上に乗っている金網はそのままでも収穫できる事に気がつきました。
その為私が枠を持ち上げて、奥さんに底から潜って実を収穫してもらいました。
これは2人いないと出来ませんが、作業時間は大幅短縮しました。
一度防護柵を設置してからは、内部作業は出来ないので諦めていましたが、この方法なら、随時藁を敷いたり、草取り等が簡単に出来ます。
もっと早く気付くべきでした・・・しかし来年は確実に楽になります

 今回はとりあえず猿被害に遭わない様に早目に結実したかぼちゃだけを収穫しましたが、まだ未成熟な実は残してあるので最終的には収穫できる実の数はこの倍くらいにはなると思います。


かぼちゃ収穫2
<収穫したかぼちゃ: ロロンです>


 苦労して収穫しましたが、この”ロロン”というかぼちゃは、それだけ苦労しても価値のある美味しさだと思います。
しかしかぼちゃは収穫してからしばらく追熟させたほうが美味しくなると言われています。
直ぐに味見をしたいところですが、しばらく”お預け”です。


2014.09.07
関連記事

Comment

非公開コメント