つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

”緑のカーテン”かぼちゃ収穫

 今年の”緑のカーテン”として使ったのは”かぼちゃ”でしたがほぼ成功だったと思います。
ただ今年は天候が悪く、日が差さない日も多くあまり効果が感じられません。

緑のカーテンは庭の2箇所に分けて1株づつ計2株植えてあります。
最近先端がようやく2階のベランダまで達しました。


緑のカーテン2 緑のカーテン1
<かぼちゃの”緑のカーテン”>


 ただ肝心の”かぼちゃの実”が生りません。
雌花も雄花も沢山咲きました。
又蜂やハナムグリも日中は沢山花に入り込んでいるのが見られました。
最初直ぐにそれぞれの株で1個づつ実がなりました。
そこで鈴生りのかぼちゃを期待していました。

 しかしその後実が付きません。
雌花の付け根の実は途中まで成長しピンポン玉くらいまではなるのですが、その後黄色くなって落ちてしまいます。
又最近”うどん粉病”で葉が白くなってきて、株も弱っている気がします。

 そこで株の下の方に生った実が養分を吸収するために、上に実が付かないのではと考えて、ここでかぼちゃを収穫しました。

かぼちゃ収穫
<収穫した立派なかぼちゃ: これで一応元は取れました>


 これで又かぼちゃが生ってくれっると良いのですが・・・?
時期的にはもう遅い気もしていますが


2014.08.21
関連記事

Comment

非公開コメント