つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ブラックベリー収穫

 今度は”ブラックベリー”を収穫しました。

 10年程前までは我が家はブラックベリーが敷地の西側一面に繁茂していました。
ですから収穫期は毎日1kg、最盛期には2kg位収穫していた時がありました。
ところが現在は2株だけ。

 初日の本日は190gの収穫です。
今年は最盛期でもそんなに多くないと思います。

 我が家のブラックベリー栽培減少の原因は、加工が大変なことです。
ブラックベリーの種はラズベリーと比べてると極端に硬く、煮ても柔らかくなりません。
ですから全て除去しないと、ジャムやソースにしても硬くて食べられません。
そこでこれまでは”ジューサー”で種を取り除いてから加工していました。
大量に収穫するとこのジューサー加工が大変で、栽培が減少することになりました。

 今回はラズベリーと同じく”ミキサー”で加工して挑戦してみました。
 

ブラックベリー1
<ブラックベリー>

ブラックベリー2
<収穫したブラックベリー : 190g>

ブラックベリー3
<ミキサー加工 :”強”で1分廻しました>



 その結果です。
種も結構粉砕されていますので、大幅改善されました。
しかし時々粉砕しきれなかった大き目の種が歯に触ってやはり違和感があります。
次回はミキサー加工の後、ザル等で種の回収が出来ないか検討したいと思います。

2014.08.09
関連記事

Comment

No title

我が家もブラック・ベリーをジャムにしています。
聞きましたら種は裏ごしで除いていると言っていました。

最初に植えた株はとうになくなりましたが、勝手に枝から根を出して数株あります。
カナブンに葉を食べられていますが、近年、緑色のカメムシがつくので捕っている他は、無肥料で放任栽培=略奪的収穫をしています。

No title

で、肝心のお味はどうなんでしょうか?

ラズベリー、ブルーベリーと比較して・・・

No title

本日ミキサーに掛けた後、目の粗いザルで漉してみました。
これは短時間に種抜き処理が完了しました。
それと砂糖を入れる前に種の処理が出来るので経済的でもあります。
更に作業後の洗浄が簡単で快適です。

No title

 今年は、ラズベリー、ブルーベリー、スグリ、ブラックベリーと4種類のソースを作りました。
ラズベリーとブルーベリーは万能だと思いますが酸味がないのがやや欠点です。
スグリとブラックベリーは酸味があり、ヨーグルトに良く合います。
特にスグリの酸味は癖になりそうです。
どれが一番美味しいかはかなり難問です。
どれも美味しいです。
都度種類を変えて楽しむのが一番だと思います。

 因みに作りやすさの順番は、ブルーベリー > スグリ >> ラズベリー >> ブラックベリー の順だと思います。
非公開コメント