つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

荒粉こんにゃく作り

 石臼で粉にした”荒粉”を使って、”こんにゃく作り”を行いました。
製法は”浸漬法”です。


 これまで試験的に恐る恐る少量で行ってきた”荒粉こんにゃく作り”ですが、今回は”量産サイズ”での試験です。

<材料> (注)
・荒粉     : 88g  ( 生芋500gに相当する量です) 
・水(湧水)  : 5リットル以上 (多いほど良いそうです)
・炭酸ソーダ : 25g 
・お湯     : 275cc

 (注: 浸漬法では分量は適当でOKです。 但し荒粉に対する炭酸ソーダの比率だけ調整してください・・・といってもいずれも概算でOKです)

<作り方>

荒粉こんにゃく1
<荒粉浸漬: 水に溶かして”泡たて器”で十分掻き混ぜる>

荒粉こんにゃく2
<沈殿物: 30分浸漬後上澄みを捨て沈殿物を残す>

荒粉こんにゃく3
<加熱練: 沈殿物を加熱しながら良く練る>

荒粉こんにゃく5
<練り: 前練り/冷却後手で粘りが出るまで良く練る。本練り/その後凝固剤を投入して十分に練る>

荒粉こんにゃく6
<型に流し込んで成型>

荒粉こんにゃく7
<切り分けて熱湯で煮て板こんにゃく完成>


 ようやく”荒粉こんにゃく”が完成しました。
しかしまだまだ満足出来る物ではありませんでした。
少し硬めに仕上がったので”刺身こんにゃく”としては食感が悪く全く無理でした。
あくまで煮物用です。

 それでもこんな適当な製法でも一応”こんにゃく”が食べられる様になりました。
ただ”生芋こんにゃく”には遠く及びません。
これからもまだまだ”荒粉こんにゃく”への挑戦が続きます。


2014.08.15
関連記事

Comment

非公開コメント