つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

かぼちゃを猿から守る

 今年も畑に”かぼちゃ”を植えました。
かぼちゃは比較的作り易く手が掛かりません。
買うと高いので家庭菜園で作る作物としては非常に魅力的なのです。(投資対効果が非常に高い)

 しかしかぼちゃは猿の大好物で猿対策をしないと確実にやられます。
昨年は数年ぶりに栽培し、十分猿対策をしたつもりだったのですが、それでも、1/3は猿にやられました。
大きくて旨そうなやつからやられます。
一説によると猿はかぼちゃを両脇に抱えて2本足で走って行くそうです。 ・・・ホント?・・・ほんとなら是非見てみたい!


 かぼちゃは広い栽培面積が必要なので、我が家の電柵を設置した狭い畑には入れられなので柵の外です。
これまで電柵制御回路製作の為、かぼちゃの実がかなり大きくなっている事に気づくのが遅れてしまいました。
昨年はこの頃には既に猿にかじられていました。(まだ青いのでちょっとかじるだけです・・・よけい性質が悪い)
こちらは電柵回路が出来ても関係ないので対策は最優先で行う必要があります。
猿対策が遅れていてハッパを掛けられていました。


かぼちゃ1
<かぼちゃの状態 : ”ロロン”2株です(美味しいです)/ 隣の里芋を猿は食べません>


かぼちゃ2
<長さ5.5mの鉄アングルをボルト止めします: 雪止め廃材です・・・蔓が予定より伸びたら延長します>


かぼちゃ3
<網張り溶接金網をアングルに針金で固定して、畝の上に防護柵を設置しました>


 一昨年屋根修理を行った時不要になった”雪止めアングル(鉄製)”を処分せず確保して置きました。
1畝に1本5.5mの鉄のアングルを2本使ってありますから、重く(約40kg?)て簡単に金網を持ち上げられない構造です。
今は暫定でとりあえず余っている”溶接金網だけ”の物や”ナイロン網張りの溶接金網”も使っていますが、ナイロン網は猿に簡単に噛み切られてしまうので、ジャガイモに使っている”金網張り溶接金網”と収穫が終わったら直ちに交換する予定です。


2014.07.17
関連記事

Comment

初めまして。
猿対策大変ですよね。
八ヶ岳の辺りは、猿はいないので良いですが、鹿やハクビシンが出るそうなので、対策が必要そうです。

No title

 山崎さん こんばんは
コメントありがとうございます。
鹿は大きくて高く跳ぶし、ハクビシンは小さくて土を掘るし、それぞれに対応する電柵を作ることは可能だと思いますが、全てに対応出来る電柵を造るのは非常に大変だと思います。

 現在八ヶ岳方面では鹿の被害が大変のようですね。
昨年スイスに行ったとき”食肉用鹿”の飼育をしている牧場を見ましたが、意外と簡単な電気柵内で飼われていました。
鹿もポイントさえ押えれば比較的簡単な対策があるのかもしれません。
非公開コメント