つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

”緑のカーテン”その後

 今年も我が家の”緑のカーテン”は『カボチャ』です。

 昨年緑のカーテンとして栽培したカボチャですが1株の割には十分な日陰が出来ました。
品種は”ロロン”。
昨年は1玉だけの収穫でしたが、これが非常に美味しかったので、今年も同じ品種にしました。
緑のカーテン用で2株植え、残った苗の2株を畑に植えました。

 最近雌花が付きましたので、2個を人工受粉しました。
その内1個は玉が大きくなってきましたが、もう1つは黄色くなって枯れてしまいました。
昨年も中々実が付かなかったのですが、人工授粉の効果があるのか無いのかは不明です。



かぼちゃカーテン1 <今の緑のカーテン: 今年は2箇所です>


かぼちゃカーテン2 <既に実がついています: これ以上重くなった時の対策検討中>



 畑のかぼちゃの猿対策も終わって順調に育っています。
”今年はかぼちゃが食べきれないぞ!” ・・・??


2014.07.23
関連記事

Comment

No title

昔々、父がカボチャの棚作りをしたことがあります。
棚は榊で日よけを兼ねていました。カボチャが日増しに大きくなり蔓が切れて落ちないか心配になりました。台をしようかと思いましたが触って実が枯れて落ちはしないかと迷っているうちに、蔓が太く固くなり最後までカボチャを支え切りました。植物のたくましさを見ました。
写真を見るとネットなので、網が伸びてカボチャが地面つきそうに見えますが…。

No title

米搗さん こんばんは
コメント3件、”迷惑メール”に落ちていました。
困ったものですが、こまめに拾い上げるようにしますのお許し下さい。

 かぼちゃのバネ蔓がかなり強力で、網に確り絡まっていて落ちないようです。
ただ網の支柱(イレクター)が弱いので補強しました。
もう1つの方には3個のかぼちゃが成長していまして、こちらは支柱を水道用のVU管で作ったので既に撓んでいて心配です。
非公開コメント