つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ソーラーパネルガード

 電柵は今のところ順調に稼働中です。(・・・まだ壊れていないという程度の意味ですが)
猿の出現が無いのでまだ効果の程は未確認です。


 今回電柵に使ったペットボトルの残りを使って、またまた”変な物”を作ってしまいました。
これは何でしょうか?

パネル専用電柵 <特殊アンテナ?/新型ヘリコプター?>


”電柵用ソーラーパネル”を猿から防護するための”ソーラーパネルガード(パネル専用電柵)”です。

 猿は高いところが好きです。
それは猿が集団行動する時には必ず”見張り”を置く習性があるからです。
その見張り役がその場所で一番高い所に登って、食料調達行動の妨害をする邪魔者(人間です)が現われないか見張役(監視)を行うようです。

  今回電柵供給電源用のソーラーパネルを高さ3mの単管の先端に取り付けました。
ですから猿の群れが畑を荒らしまわる時、このソーラーパネルが格好の見張台となり壊される危険性があります。
見張台にならない場合でも、パネルがある場所が電柵から直近なので、畑への”飛び込み台”になる可能性があります。
これは以前『米搗さん』からもコメントでご指摘頂いていました。
今回日除け用単管は撤去しましたが、支柱の1本だけソーラーパネルと電源回路を取り付けた単管の撤去が出来ないのでその対策として作ってみました。


設置状態 <単管防護柵取り付け状態>


 構造は単管は土に埋まっているのでグランド(-極)で、今回取り付けた装置の番線及び針金部分がプラス電極です。
このプラス電極はペットボトルを3重に使って単管から絶縁してあり、イグナイターの高電圧側と繋がっています。
猿が単管を登って行くとこの、この針金部分が邪魔になるので必ずこれを掴む事になります。
ですから猿の足がマイナス電極、手がプラス電極で、この間に高電圧が掛かることになり、驚いて確実に墜落死です!!(・・・期待も込めて)

 果たして上手くいくでしょうか??
この様子を見る為に是非欲しいのが”監視カメラ”です。


 
  さてここで現在使用している”電柵一式”の概算コスト計算をしてみました。


以下は実際に掛かった費用です。(購入品だけ)
自作ですから当然設計工数、回路組み立て工数、電柵設置工数は無視です。・・・これを考慮すればそら恐ろしい??

 ■回路部品 : ¥6,000弱
           ソーラーパネル及びバッテリーを含む電源制御回路の新規購入金額 
           高電圧発生器(イグナイター)はジャンク品でタダ。
           収納容器類はリユース品なので無視

 ■フェンス(電柵本体) :¥10,000強
                材料: 溶接金網(ワイヤーメッシュ)/電柵1m当たり¥200+α  (今回全周50m)
                ・・・杭(支柱: はざ足転用)やガイシ(ペットボトル)はタダ
                  その外番線、コースレッド(木ネジ)、針金等ありますが、価格が安いので無視してあります。

 ■合計投資金額  : 約¥16,000


 これらを全てを市販の購入品で作った場合と比較すると、1/4~1/5程度の金額です。(ピンキリではありますが)
それ以上に市販品には残念ながら”猿用電柵”としてそのまま使えるものがありません。
ですから購入品を使う前提でも、やはり最終的には自分で相当改良しないといけない事を覚悟する必要があります。


 それにしても、猿が出てこないので今のところ確信を持って言えないのが歯がゆいのですが・・・。
そろそろだとは思っているのですが・・・?


2014.07.27
関連記事

Comment

非公開コメント