つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

草刈ブレード再生

 最近は ブログは一日置きに更新していますが、そう決めている訳ではありません。
習慣になってしまってなんとなく継続しています。

 又”ネタ”が沢山あって無理なく出来ているわけでもなく、時々”ネタ切れ”で苦労しています。
そんな訳で、今日はネタ切れのついでに”成功事例”よりはるかに多い”失敗事例集”です。(本当は成功事例だけ書いて自慢したいのですが)


 さて刈払機(草刈機)を使い出してから、簡単な草刈も鎌で無く、機械でやるようになってしまいました。
お陰で毎年”ブレード”を数枚新規購入しています。

 切れなくなったから購入ではなく、作業がぞんざいなので石に当てて切り刃の”超硬チップ”が無くなってしまうのが理由です。
ブレードはそれほど高額ではないですが、もったいないのでこれまでもWEBで見た方法で再生研磨した事がありました。
これはこれで十分使用できる再生方法ですが、刃数が多いのでその作業が大変で、2回行っただけでした。

【 前にこのブログに投稿したブレードの再生方法 ← ここをクリック 】


 今回新たに非常に簡単に研磨できる再生方法を考えました。
 

四角ブレード
<(左)原料廃棄ブレード、(右)改造ブレード・・・この刃付けは恐ろしく簡単>



 円形のブレードをディスクグラインダーで四角に切断して同じくディスクグラインダーで全周刃付けします。
この刃付けは”両刃”とするのがポイントです。
切れなくなったら裏返せば、1回の研磨で2度使用できます。(・・・と言う構想でした)

改造ブレード取り付け
<刈払い機に取り付け>


草刈
<耕作放棄地で試験してみました。 :(左)草刈前、(右)草刈後>


 使用結果
超硬には敵いませんが、切れ味はそこそこ良いです。
超硬チップソーより多少(結構?)回転数を上げる必要があります。

しかし
”キックバック”が結構大きいので注意が必要です。
それと回転数を上げるに従って振動が何倍も大きくなります。 
畑の外周を一回りやってみましたが、振動の為それ以上は危険と判断して止めました。(前回の再生ブレードと交換)

 振動が最大の問題です。

 原因はブレード切断時の加工精度が悪く、回転モーメントが悪かった(アンバランス)ようです。
これは一番の心配点だったので出来るだけ注意して加工した積もりだったのですが、帰ってから再度測ったら1辺だけ中心から5mmずれていました。(残りの3辺は0.7mm以内のズレでした・・・私の加工後の確認(測定)ミス)


 今回は失敗でしたが、諦めるには惜しい切れ味でした。
又この件で刈払い機の振動問題解決のアイデアが浮かびました。(転んでもタダでは起きないのだ!)
まだまだ沢山廃ブレードがあるので、回転モーメント問題と、キックバック問題の検討を行って次回又挑戦してみたいと思います。

2014.06.23
関連記事

Comment

非公開コメント