つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

トラクター小屋(第二期工事)

 前にブログ投稿しましたが、トラクター小屋(車庫)の外壁をブルーシートからポリカ波板への改修工事を行いました。(これを第一期工事とします)

 その時は単にブルーシートで覆っていた面積分をポリカ波板に置き換えただけでした。
その為外壁と屋根の間に大きな隙間がありました。
しかし第一期工事で確りした外壁が出来てみると、この上部の隙間が非常に気になりだしました。
構造上屋根より外側に支柱があり、外壁が屋根より約20cm外に飛び出ていてこれが隙間になっています。(当時単管の切断加工が出来なかった為の苦肉の策)
その為ここから雨や雪が吹き込んでしまう不具合があります。(ブルーシートの時も同じです)


側面上部隙間
<小屋上部の隙間>

 折角なのでこの小屋を資材置き場にも使いたいと思っていましたが、この隙間があると雨が吹込み具合が良くありません。
そこでこの隙間を”ポリカ波板”で埋める事にしました。
しかしこの隙間を埋めるためには、波板を複雑に折り曲げる必要があります。
そこでここしばらくポリカ波板の曲げ加工方法を検討していました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 いずれにしろこの曲げ作業は初めての事で、どんな方法が良いか取りあえず試験をしました。

【1案】 ”プラスチック板折り曲げ装置”自作
・プラスチック板を綺麗に折り曲げる専用の加熱装置(1mのキットで¥7,000程)が市販されていますが、波板でも使えるか分からないので自作しました。
・昔廃棄したオーブントースターから剥ぎ取ったヒーター(500W)を使って小型の装置を自作。
・これを自作のスピコン(電流コントローラー)で温度制御して使用。

→その結果この装置では波板は全く曲げられません。
・ヒーターとの接触部分のポリカが熱で溶けて発泡する位まで加熱しても全く曲がる気配がありません。
・それでもこの装置は小型のPL平板なら使えそうなので、確保しておくことにしました。

ポリカ曲げ加工 (1)
<ポリカ波板を曲げる為の加熱装置(試験機): オーブントースターのヒーターを転用した加熱装置+電流制御回路>


【2案】 鉄パイプをバーナーで加熱
・(1)の装置と原理は同じですが、熱容量を上げる為、鉄パイプ(パイプハウスの支柱)をガスバーナーで加熱し、ここに波板を押し当てて曲げます。   ・・・曲げ方向は加熱側とは反対方向です。

ポリカ曲げ加工 (7)
<曲げに成功した試作品: 精度はともかく、曲がりました>

 →その結果、一応曲げ加工出来ました。
・パイプの加熱が均一にならないので、所々溶けたりしていますが、一応曲がりました。
・しかしポリカ波板の幅分(60cm)の長いパイプを均一に加熱することは非常に困難で、実用性はなし。


【3案】 単管を加熱
・鉄パイプより更に熱容量が大きな”単管パイプ”を使用。
・単管の端から内部にガスバーナーで加熱。(温度は均一にはならないが、温度分布の予測は可能)
・波板を単管に押し当て加熱し、両手で端から曲げていきます。(この場合も曲げ方向は、加熱側と反対方向)

→その結果、60cm幅の波板の曲げ加工が出来ました。
・しかしパイプに接触したところが溶けたり、曲げの位置精度が悪く綺麗に曲げられないので、実用は困難です。


ポリカ曲げ加工 (4)
<単管曲げ装置と折り曲げたポリカ波板>


【4案】 ”折り曲げ冶具”自作
・波板を冶具で均等に押さえながら、加熱及び曲げ加工できる冶具を造りました。
・これまでの試験から、波板の加熱はパイプなどを使うより、直接ガスバーナーの火で少しづつ炙った方が均一に加熱出来、溶けも少ない事がわかったので、バーナーの火をゆっくり移動させながら出来るだけ均一に波板に当てることにしました。
・加熱具合(溶け具合)を目で確認し、曲げられる状態になったら冶具を折り曲げ、冶具上に固定した波板を一緒に曲げ加工する。


ポリカ曲げ加工 (5)
<自作した曲げ冶具>

ポリカ曲げ加工 (6)
<冶具で曲げ加工を行ったポリカ波板(試作品)>


 以上曲げ加工試作には結構時間を取られましたが、ようやく正確な位置に、綺麗に曲げ加工する技術確立が出来ました。
これでいよいよ外壁の隙間を埋める作業に入ります。


2017.10.31
関連記事

自作『宅配BOX』(その3)

 自作『宅配BOX』のその後の利用状況です。

 これまでこのBOXが利用された件数は、合計4件となりました。(再配達は有りません)
利用いただいたのは”佐川急便さん”と、”クロネコヤマトさん”です。
”ゆうパック”さんはまだ利用がありません。(発注してないので)

 心配していた”クロネコヤマトさん”でしたが、全く問題無く利用頂きました。
前にNETで見たら、”対応しない”となっていましたが、既に3回も利用いただきました。
最初の2件では特に”不在連絡票”等もありませんでしたが、荷物は確り入っていました。
今回3回目ですが”不在連絡票”が入っていました。

a-クロネコヤマト 
<ヤマトさんの不在連絡票: 名前は”宅配ロッカー”と”宅配ボックス”の両刀使い>


 これを見ると問題なく”宅配BOX”に対応しています。


その外、最初に利用頂いた佐川さんの時には不在連絡票がありました。
 
a-佐川
<佐川さんの不在連絡票: ここにも”宅配BOX”への配達が明記されています>



 ”ゆうパック”はこれまでもほとんど利用が無いのでまだ分かりませんが、世の中の流れでは多分対応していると思います。(逆に対応しないなら、その方が不思議)
 これで宅配便利用に当たっては、配達時間指定しなくても良いし、不意の外出でも宅配便の心配をせずに済みます。
逆に時間指定しない方が、宅配業者さんにとっては都合が良いのだと思いますので、今後は時間指定は止めます。

 私はNET通販を本格的に利用し始めたのは退職後からで、現役時代にはほとんど行っていませんでした。
それは平日には荷物を受け取れないからです。
しかし”宅配BOX”を設置することで、現役世代でも何時でも全く気兼ねなく利用が可能となります。
・・・これって、宅配業者の負担が益々増加するという事ですね ・・・?(本当に良いのかなァ?)

 今回小さな宅配BOXの設置でしたが、受け取る方も、届ける方も非常に便利になったと思います。
これはヤッパリ立派な『社会貢献活動』ですね・・・!!


(追)最初に扉に付けた”オートロック鍵”の使用可否ですが、最終的に『使わない』事にしました。
   理由は、不特定多数の宅配ドライバーさんが使う事になるので、慣れない鍵でトラブラない事が一番だと考えました。
   今の鍵(南京錠/百均品)でトラブルが無いのでこのまま継続します。
   ・・・これでこのBOXの投資金額¥263也。(音声再生BOX”無し”なら¥108)

2017.10.28
関連記事

ローズヒップ酒

 我が家のエントランス上には単管製の棚があり、そこにツルバラの”スパニシュ・ビューティ”が伸び放題となっています。
毎年我が家で春真っ先に咲くのがこのスパニッシュビューティです。
消毒なしでも病気にも強く、剪定など手入れをしなくても、毎年大量の花を楽しめます。

 しかしひとつ困ったことがあります。
花が咲き終わると特大の実(ローズヒップ)が付きます。(その数200個以上・・・年々増加)
それが秋になると実が黄色く変色し、下にバラバラ落下してきます。
車で踏みつけると後の始末が大変なので、常に拾い集めて処分しないといけません。

ローズヒップ酒 (1)
<棚上のローズヒップ>


ローズヒップ酒 (4)
<地面に落下したローズヒップ>



 一般的に”ローズヒップ”はそのまま”ジャム”に加工したり、乾燥させて”ローズヒップティー”として飲める品種もあるようなのですが、このスパニッシュビューティの実は大きい(ピンポン玉大)のと、美味くなく、利用価値が無いようです。
ところが先日NETで見たら、『ローズヒップ酒(焼酎漬け)』にして美味く飲んでいるとブログに書いて居る人がいました。

 そこで早速作ってみました。

ローズヒップ酒 (2)
<棚から採取したローズヒップ: 全く消毒したことがないので安全です>



ローズヒップ酒 (3)
<焼酎漬け: ”試し”なので取りあえず10個だけ>


 実を1月程漬け込んで置いてから引き上げ、暫く熟成させると飲めるとの事です。
そうすると正月位には結果が出るのではないかと思います。
もし美味ければ、少なくても毎年200個以上は生りますから・・・来年は? (・・・捕らぬタヌキの ?)
   
又報告したいと思います。 ・・・乞うご期待です!

2017.10.25
関連記事

小屋囲い(トラクター小屋)

 少し前からトラクター置き場の改修を始めています。
この小屋は、当初”軽トラ置き場”として、単管で支柱を建てて上に屋根を載せた自作小屋です。
その後トラクター置き場となり、最近は冬場の雪対策として周囲をブルーシートで囲って使っていました。

 当初ブルーシートは冬場だけのつもりでしたが、取り付け取り外しが面倒になり、取り付けたまま周年使っていました。(これこそが典型的な”ズクなし”そのものです)
その結果、3年を経過してブルーシートが所々破れてきました。

トラクター小屋 (1)
<トラクター小屋と破れたブルーシート>


 ブルーシートを新たに交換するのが一番安くて、手間も掛からないのですが、周囲を”ポリカ波板”で囲って恒久対策することにしました。(久し振りに”ズクを”出ししました)
はじめに一応CADで設計してから製作に取り掛かかったのですが、単管で自作した小屋は思いの外”ラフな作り(=いい加減)”で、設計通りに行きません。
結局全て現合となり、完成までに丸5日間掛かってしまいました。


トラクター小屋 (2)
<1"×4"材で固定枠を作成、古家に合わせてバーナーで表面を焼き上げました・・・材料を焼くだけで2日間>

トラクター小屋 (4)

トラクター小屋 (3)
<完成したポリカ波板の囲い>

 完成と言っても外壁と屋根の間は 隙間だらけの小屋囲いですが、それでも割と確りした囲いが出来ました。
トラクターを置くだけでは勿体無いので、工作室、工具や資材置き場として使えないか検討中です。
その内少し手を加えてより使い易くしてみたいと思っています。


2017.10.22
関連記事

落花生収穫

  最近非常に寒い日があり、最低気温が一気に一桁、それも5℃となりました。
お蔭で畑のコンニャクや落花生の葉が枯れてきました。

 昨年初めて落花生を栽培したのですが、豊作で”茹でピー”や”ピーナツ御飯”など堪能しました。(お蔭で太りました)
これに味を占めて、今年は昨年の3倍程も栽培しています。
又今年は昨年栽培し自家採種した品種に加え、”茹でピー専用品種”である”おおまさり”と言う品種を植えました。


 雨続きの日々で収穫が遅れましたがここでこの”おおまさり”の試し堀を行いました。


落花生収穫(3)
<今年の落花生: 2品種共出来はまずまずの様です>


落花生収穫 (1)
<試し堀の”おおまさり”>


落花生収穫 (2)
<収穫した”おおまさり”: これまでの品種の倍近い大きさです>



 早速”茹でピー”を作りました。(落花生栽培はこれが一番の目的です)
先日TVで千葉の落花生産地からの中継放送があり、落花生栽培農家の人が「”おおまさり”は普通の落花生の倍の大きさなので1時間茹でる必要がある。」と言っていましたが、30分茹でたところで食べてみたら、既に少し茹で過ぎのものもありました。
”おおまさり”も普通の落花生と同じ茹で時間で良さそうです。

 さて味は、・・・流石に美味しいですね!!
粒が大きいので食べ応えがあります。
これは本当に注意しないと昨年以上に太りそうです。
体重計とにらめっこで食べる必要がありそうです・・・?? (それでも食べたい!)

2017.10.19
関連記事

自作『宅配BOX』(その2)

 先日自作『宅配ボックス』を造って玄関前に設置した件の投稿をしました。
そしてそこに最初の荷物が入っていました。

宅配BOX2 (1)
<宅配BOXへの投函第1号>


 DIYを行う時、材料や工具などの購入で、”NET通販”は本当に心強い味方です。
DIYで使う極一般的な物は近くのHCでも入手可能ですが、特殊な物だとHCで捜すだけでも時間が掛かりますし、無い事も多いので時間の浪費の事も良くあります、そんな時NET通販は有り難い存在です。
しかし宅配便利用が多くなると、比例して”不在配達”も多くなって、その度に申し訳ないと思いつつ”再配達”のお世話になっていました。

 そこで先日、『宅配BOX』を自作して玄関前に設置しました。

宅配BOX2 (5)
<案内表示した”宅配BOX”>

宅配BOX2 (3)
<インターホンにも依頼文表示>



 設置した後、依頼文や説明文を箱の上に掲げて置きました。
しかし文章より、音声の方が良いかと思って、こんな物を造ってみました。(・・・ほんの゛お遊び゛です)


宅配BOX2 (4)

<音声再生BOX: ボタンを押すと、録音した音声が流れる>



 宅配BOXの上に取り付けた別置の小箱の緑色のボタン(スイッチ)を押すと、使用説明とお礼の音声がスピーカーから流れます。(スピーカーは回路に付属していたスピーカーをパイプスピーカー構造にして、大音量で再生します)

「何時も有難うございます。BOX内に印鑑がありますからお使いください。 最後に鍵をお掛け下さい。 次回不在時にも宜しくお願いします。」 (10秒間の録音が可能で、これだけの音声が録音できました)

 これは中国製の”音声録音再生回路”を使って録音した私の声です。(・・・少し恥ずかしい)
女性の声の方が良いだろうと思って、奥さんに録音をお願いしたのですが、即座に却下されてしまいました・・・!!


音声録音再生回路
<音声録音再生回路: 中国製の直送品(¥155)・・・乾電池(3V)駆動、スピーカーはこのままでは蚊が鳴く程度にしか鳴りません>

 そして、不在の間に荷物が確り入っていました。

 記念すべき投函第1号は、佐川運輸さん経由で届いた奥さんの荷物でした。
何と説明文を貼り付けた当日でした。
「早速く何か注文しないと・・・」と思っていましたが、奥さんも通販を時々利用していたことをすっかり忘れていました。
ご丁寧に不在連絡票も入っていて、『利用させていただきました』 と書いてありました。


 ”事前に業者さんに話をしておかないと、使ってくれない”とのNET書き込みも沢山見ましたが、何処にも何の連絡してありませんが今回問題無く使って頂けました。

 大成功!!! (・・・これは久々の感動ものでした)
これも小さな『社会貢献活動』でしょうか・・・?

 さて内規で”使用しない”とするヤマト運輸さんや、”手渡しが原則”だと言う堅物の”ゆうパックさん”がどうなりますか・・・?


2017.10.16
関連記事

回転椅子(屋外用)

 先に”厚板ベンチ”を造りましたが、その時脚に使ったブロックを切断した残りがありました。


回転椅子 (1)
<切断したブロック>


 この”廃ブロック”を使って、椅子を造りました。

回転椅子 (2)
<脚のコンクリート詰め>

回転椅子 (3)
<脚完成>



回転椅子 (4)
<回転椅子完成: 座面は製材した楢の廃材です>



出来上がったのが、この『回転椅子』です。
最初から回転椅子を 狙った訳ではなく、”1脚”なので図らずも回転出来てしまったという事です。(これが又非常に具合が良い・・・笑)


2017.10.13
関連記事

今年のキノコ事情

 速いもので10月です。
例年この時期ご近所から”キノコ”が届くハズなのですが、今年はまだでした。(”この辺”では『キノコとは松茸のこと』です・・・それ以外の茸は”雑キノコ”と言っています)

ところが先日、毎年キノコを頂くご近所の方が見えて「今年はキノコは無いぞ!」と言って”雑キノコ”を頂きました。
今年は天候異常の為か、キノコが全く出ないそうです。
仮に出た物があっても、ほとんど腐っていて商品にはならないようです。
その為ご近所の方も、出荷した事のなかった”雑キノコ”を生まれて初めて出荷したそうです。(・・・御年91歳です)


雑キノコ
<頂いた”雑キノコのコムソウ”: 我が家ではキノコより、こちらの方が好評です>



 それでも1年に1度くらいは”キノコ御飯(=松茸御飯)”を食べたかったですね。・・・残念!


2017.10.10
関連記事

自作『宅配BOX』

 大手宅配会社の宅配料金が値上げになっっていました。
それを知らずにNETでポチッてしまい、後から何時もより価格が高い事に気が付いて慌てて調査しました。
その結果、既に10月1日から値上げとなっていました。(残念)

 それでも最近は通販で購入することが多く、度々宅配業者さんのお世話になています。
大概は1回ですんなり受け取れるのですが、5回に1回位は”再配達”のご厄介となっているので最近は少し心苦しい思いをしていました。

 そこで先日『宅配ボックス』を自作しました。(不在時にも荷物を受け取り出来る専用の箱です)


宅配BOX (1)
<完成した『宅配BOX』>



<<”宅配ボックス”の仕様>>

 ①みかん箱(10kg)が入る大きさ。(一般的な通販の箱なら4個位は入る・・・但し1個入ればそれ以降は使用不可ですが)
 ②ボックス内に”ハンコ”を収納する。
 ③鍵付き
 ④大型郵便物(ポスティングカタログ等)も投函出来る。・・・宅配より普段はこちらの方が多いので



宅配BOX (2)
<宅配BOXの素材: 全て廃材(古材)を活用>

宅配BOX (3)
<古材は反りが大きく、力ずくで矯正: Fクランプを総動員していますがそれでも足りません>


宅配BOX (7)
<ロック機構: ①オートロック機構 + ②錠前>

宅配BOX (6)
<印鑑内臓: 百均の印鑑です>


宅配BOX (5)
<”大型郵便物”も入れられるスリット付き>


 当初普通の鍵(シリンダー錠)だと扱いが面倒だと思って、”オートロック機構(鍵)”を取り付けました。(投資金額¥650/中国製の直販)
しかし完成してから家人が、「不慣れな人が操作すると、荷物を入れる前に間違ってロックしてしまう危険性がある。」と言うので、オーソドックスな錠前を追加で取り付けました。(百均¥108也)
オートロックも残してあるので(機能は停止中)、宅配業者に確認しながら今後使用可否を判断したいと思います。

 完成してみると設計通りとは言え、結構な大きさとなりました。
設置場所は玄関前のタタキの上で、当面宅配便で購入するものが無いので、まだ表示も何もしていない為結構異様な光景です。


宅配BOX (4)
<玄関前に設置した『宅配BOX』>


2017.10.07
関連記事

コスモスの花見

 先週末天気が良かったので、”花見”に行って来ました。

 畑仕事もいくらか収穫作業を残すだけで、今日明日どうしてもやらないといけない事もないし、朝晩寒くても日中は素晴らしい晴天なので、フラフラ外に出掛ける事になりました。
奥さんの希望が「何処かで花見がしたい。」とのことなので、”コスモス”を見に行くことになりました。

 行先は安曇野の”国営アルプス公園”。

 更にもうふたつ目的があって、そのひとつは公園の近くの”昔行って美味しかったレストランで昼食を摂る”、もう一つは近くの”おやきの名店でのおやき購入”です。
ところが、そのレストランは『本日臨時休業』、おやき店は『完売の為、本日の販売は終了しました』の看板が出ていて、出鼻をくじかれました。

 そこで”国営アルプスあづみの公園”内のレストランで”スペシャルカレー”なるものを食べてから、公園内の見物となりました。


アルプス公園 (1)  アルプス公園 (2)
<国営アルプスあづみの公園: 広大な園内の一部、入園料¥210(シルバー料金)>


アルプス公園 (7)
<ここの淡水魚の展示が面白い: 鑑賞するのは室内、魚が居るのは屋外の池>



アルプス公園 (10)
<体験教室で作るトンボ: 羽根の素材に感心しました・・・アイデアですね!>

 さて肝心のコスモス

アルプス公園 (3)

アルプス公園 (4)


アルプス公園 (5)

アルプス公園 (6)

<”チョコレートコスモス”は色だけでなく、カカオの匂いがするんですね>

 
 以前行った別のコスモス園では見上げる位の丈があった処もありましたが、ここのコスモスはどれも丈が60cm位と低く、花を上見下ろすことが出来、十分美しさを鑑賞出来ました。
公園は大きく2箇所に分かれていて、最初入った区域とは別の場所に大きなコスモス園があって、車での移動が必要となります。
更に同じ入場券で、かなり離れた”大町地区の国営アルプス公園”にも入れるそうです。
しかし最初の園内にも沢山コスモスが植えられていて、ここで十分満足出来たので、離れたコスモス園も大町の公園にも行かず、そのまま帰ってきました。


  今回の遠出では、本来の目的だけは達成が出来て良かったのですが、サブ目的であるレストランやおやき店の閉店で目的を達成することが出来ないのに加えて、帰りの道路で乗用車同士の正面衝突を1件、大型トラック同士の正面衝突を1件目撃してしまいました。 
天気だけは1日穏やかでよかったのですが、帰ってからぐったり疲れを感じる旅でした。(・・・歳か?)


2017.10.04
関連記事