つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

防風林の切り詰め

 前回の投稿で、先日知人の庭木の後始末に行って来ました。
帰って来たら、「人様の庭木より、我家の木の方はどうするの・・・?」と奥さんが大変なお冠でした。
そこで我が家の木の剪定に着手しました。

 これは庭木といっても、防風林を兼ねている木です。
奥さんの実家の周囲にあって、相当な年月を経ている大木です。
義父(故人)が居た時には、時々庭師が頭を切り詰めていたそうですが、ここ5年程は手を入れていなかったので、伸び放題となっていました。
前入っていた庭師は、義父の曰く「真面目に仕事をしない人」だそうで、喧嘩別れして以来、来ません。
その後別の人にもお願いした様ですが、「高さがチョット・・・」という事で、結局やってもらえなかったようです。
そこで少し前から自分でやってみるべく、準備は進めていましたのでようやくここで開始しました。


防風林 (1)
 <1本目の木: 2段梯子を半分程伸ばした高さがあります>


 木のてっぺんは既に切り詰めされていますが、高さは6m位ありますから、2段梯子が必要です。
最初はノコギリで少しづつ枝払いをしてみましたが、枝といっても太さ10cm以上あり大変です。
最終的には、登山用の細引き(ロープ)とカラビナ2組で確り体を固定して、梯子の一番上でチェンソーを使って切り詰めました。
この”確保”は安定感があり、1本目は問題無く終了しました。


防風林 (4)
<2本目>

 2本目はチェンソーで下から枝払いしながら順調に上まで行きました。
一旦チェンソーを下に降ろしてから最後の仕上げで、高枝ハサミで横に伸び過ぎた木の枝を切っていた時、悲劇が起こりました。
切った枝が隣の木に倒れた時、背中に傷みが走りました。
この痛みは紛れもなく”蜂”です。
周囲に数匹の蜂が飛び回っていました。
しかしロープとカラビナで体を確り固定してあったため、直ぐに外すことが出来ません。
右手で蜂を追いながら、左手でカラビナをようやく外し、下に飛び降りました。(・・・本当に梯子の半分程の高さから飛び降りました)

 結局服の上から、『背中1箇所、右腕2箇所』刺されました。


防風林 (2)
<蜂の巣の位置: 3本目に予定していた木です>

防風林 (3)
<これが蜂の巣: アシナガバチでは無いようです>


 結果直ぐに腕がポンポンにはれ上がってしまいました。
ところが意外に傷みが弱く、これまで良く刺された”アシナガバチ”では無いようです。(それとも”慣れ”・・・?)


 後で思えば、チェンソーを振り回していた時でなくて本当に良かったと思いました。(チェンソーには退避用ザイルが必須?)
ここまでで防風林の1/4を終了しましたが、当然ながら一旦中止です。
続きは蜂が居なくなると思われる来月以降に再開しようと思います。


2017.09.10
関連記事