つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ホップ収穫

 ホップの収穫は毎年8月10日前後に行っていましたが、今年はお盆を過ぎてもホップの実(毬花)がほとんど見えないので延び延びとなっていました。 
ところが2~3日前に見たところ、ほとんど付いていないホップの実の一部が茶色く変色しているのに気が付きました。
そこでここでホップの収穫をしました。(例年より約20日遅れとなりました)
やはり今年のホップは全くの不作でした。

今年はホップにとっても厳しい”天候不順”だった様です。
お蔭で来年度の”自ビール醸造”にも大きく影響が出そうです。


ホップ収穫2017 (1)
<収穫前のホップ棚 >


ホップ収穫2017 (5)
<近くから見ても実はほとんど見えません>


ホップ収穫2017 (2)
<収穫しました: 蔓の成長は良かったので総量だけは例年並みです・・・>

ホップ収穫2017 (3)
<収穫出来たホップ: 量も昨年の3割程度・・・品質も?  >

ホップ収穫2017 (4)
<真空パック詰め: 機械もご機嫌斜めで、ようやくパック詰め終了>


2017.08.31
関連記事

緑のカーテン

 我が家の今の”緑のカーテン”です。

赤瓜 (1)
<2階のベランダの手すりを越えましたが先端カットしてあります>


赤瓜 (2)
<これが伝統野菜の”赤瓜”>


 当初”ナタマメ”と”赤瓜”の2種類を交互に植え付けるのが今年の緑のカーテン計画でしたが、ナタマメの発芽に3回失敗した為、結果的に赤瓜だけの緑のカーテンとなてしまいました。
ナタマメも最終的に3本は植えてありますが、時期を失した為、現在1mほどで、これ以上成長は絶望的な様です。

  一方赤瓜の方は、夏中順調に成長し現在2階のベランダの手摺を越えました。
しかし、”生り”は遠く、1週間に1本ほどの収穫でした。
瓜は”頭の成長を止めると生る”との事で、先日蔓の先端を切ってしまいました。
そうしたら、最近はいくらか生りが良くなったようで、本日5本いっぺんに収穫できました。
しかし葉っぱが下の方から枯れて黄色くなってきましたので、そろそろ終了だと思います。


赤瓜 (3)
<本日の収穫: 別名”メロンウリ”と呼ばれているそうです・・・すこし甘さがあります>


2017.08.28

続きを読む

関連記事

厚板ベンチ(その2)

 厚板ベンチ用の”脚”の仕上げ加工です。

 屋外用ベンチの脚として、”横筋用コーナーブロック(重量)”を使っています。
重量ブロックを使っているのは、重石としての座った時の安定感と、相当手荒に扱っても壊れにくいというのが理由です。(軽量ブロックは少し高い所から落とすと簡単に割れてしまいます)
しかしこのブロックは構造上、鉄筋を通すための凹みがどうしても存在しています。
これはベンチの脚として使った時、どうしても見映えの点で気になります。(目的外使用なので仕方がない)
そこでこの部分をコンクリートで埋めてしまいます。・・・お蔭でますます重くなってしまいますが

 ブロックの凹み部分(半円形)を埋める為、木の枝を半円状に加工した型枠を作り、ブロックにクランプで固定します。

凹み修正

凹み修正 (1)

<型枠を固定>


 この型枠を取り付けたブロックの凹み部分にセメントを流し込み、コテを使って”面一(つらいち)”に成形。

凹み修正 (2)
<コンクリートを流し込んだブロック>


 これで又暫く養生します。
コンクリートの加工は、価格も安く加工自体も簡単で良いのでDIY向きですが、養生期間を取らないと次の行程に着手できないのが難点です。
今回も作業自体は1時間で完了でしたが、養生の為にこの脚だけの加工にすでに延1週間以上掛かっています。
気の長い人向きの加工法と思います。

 それ以上に、ブロックやコンクリートを使う作品作りは、『外観にあまりこだわらない事』が最も重要です!!(・・・美的観点にこだわる人には全くお勧めしません!!!)


凹み修正 (3)
<ブロックの凹み修正上がり>

 
2017.08.25
関連記事

自作草取り鎌(草抜き鎌)

 草取り鎌を自作しました。
少し特殊な使い方をする鎌なので、名称的には”草抜き鎌”が適当だと思います。

 農業は”雑草との戦い”です。
梅雨入から夏に掛けては、凄まじい雑草の成長との格闘の日々です。
成長に負けて、雑草に花が咲いて種が落ちると、ますますその除去は困難となります。
如何に効率良く、疲れずに雑草取りが出来るかが勝負の分かれ目でとなります。


 これまで毎年この雑草取りに負けて、最後には一面の雑草畑になっていたのですが、今年は例年より少しは土の顔が見える畑となっています。
それには今年使っている”自作草取り鎌”がいくらか貢献している様に思います。(・・・効果は限定的ですが)


草取り鎌 (1)
<草取り鎌: (上)従来からの市販品、(下)自作草取り鎌>

草取り鎌 (2)
<自作草取り鎌: 製材用バンドソーの刃を加工、ただ少し刃が長過ぎでした>


 前に芝生専用の草抜き鎌を作ったことがあり、現在も非常に便利に使っています。
そこでこれと同じ構成で、より大型の草取鎌を作りました。
”ノコギリ”と同じ構造なので、従来の草取鎌とは異なった使い方をします。

 草の根に向かって先端を差し込んで、草の方向に押し付ける様に引き抜くと、”あら不思議!”刃に草の根が絡まって簡単に抜けてきます。
従来の鎌の様に、雑草の根を引き切って残すことが少ないので、一度草取りを行うと、そこからは新しい雑草が生えてこないようです。
又これまでの草取は鎌を持っている手首が疲れますが、この新しい鎌は腕の前後運動なので、手首は疲れませんが腕の方に負担がきます。

 特に雨後の少し柔らかくなった土での雑草取りでは有効です。
逆にカラカラの堅い土や、石混じりの土では苦労します。(刃が曲がります)
従来の草取り鎌より多少作業時間が掛かりますが、雑草除去の確実性と疲労具合との総合評価としては、合格点を貰える道具だと思います。

2017.08.22
関連記事

厚板ベンチ(その1)

 昔チェンソーで製材して乾燥させていた”厚板”があった事を思い出しました。


ここをクリックしてください⇒ 『これがその時ブログに投稿した記事です』


 もう6年前の事ですね、すっかり忘れていました。
それが良かったか、”木材乾燥度計”で確認したらすっかり乾燥が出来ていました。

 「ベンチを作りたい!」として、製材したのですが、当時特にどんなベンチかといった具体的な構想はありませんでした。
板厚が6cmもあると、乾燥後でもかなりの重量があり、狭い室内に置くとなると、移動もままならず”邪魔物”以外の何者でもありません。(奥さんが”爆発”するのは”火”を見るより明らか)
そこで屋外用ベンチにしました。
前に造って、知人に進呈した、ブロックと単管の脚を使う”組み立て式ベンチ”です。


厚板ベンチ (1)
<単板ベンチ用の重量ブロック: ディスクグラインダーで切断>

厚板ベンチ (2)
<単板ベンチ用ブロックと単管>


厚板ベンチ (3)
<背もたれ付ベンチ用の脚用ブロックと単管>

厚板ベンチ (4)
<今回も登場した”手動式コンクリートミキサー”・・・10年以上使っていますがこの¥100のリサイクル容器も中々壊れません>


厚板ベンチ (5)
<コンクリート詰めして完成した脚>


 一度前に造って図面もあるので、ここまで1日で完成しました。
一番苦労したのは単管の切断、パイプカッターを使った人力での切断なので、大汗を掻きました。

 このまま暫く”養生”し、その後表面をモルタルで化粧しペンキで塗装します。


2017.08.19
関連記事

自転車乗りの意識

 今朝は少し遅い時間に起きTVを点けると、丁度昨日雨で順延となていた高校野球で長野県代表の”松商学園”の試合の終盤でした。
ここ毎回1回戦敗退が長く続いていた長野県代表でしたが、今年は1回戦を機動力を見せて大差で勝利したので期待していました。
結果は残念ながら敗退となりましたが、この試合も善戦だったと思います。


 さて今朝起きるのが遅くなったのは、昨日の『諏訪湖上花火大会』のボランティアで警備を担当して、昼1時から夜11時までブットウシで立っていた為で、家に帰り着いたら12時近くになっていました。
昨年に引き続き規制区域(歩行者天国)での車や自転車の浸入規制が役割でしたが、昨日は朝から雨で、花火大会も最初から最後まで細かい雨が降り続いてた関係で、休憩時間(実際ほとんど取れないですが)も座って休むことが出来なく、結局8時間以上立ちっぱなしとなりました。

 この花火大会、今年で69回目だそうです。
打ち上げ花火数、4万発は全国1だそうです。
観客動員数は例年50万人以上だそうですが、今年は雨の影響で48万人(実行委員会発表)となった様ですが、警備で現場を見ていた限り、それより相当少な目では無かったかと思われます。
それでも事前に有料観覧席券を買われた人は、沢山見に来ていた様です。
警備で立っていて、一番多く聞かれたのは「この雨でも、本当に花火はやりますか?」でした。
主催の市としては、”雷雨でない限り打ち上げ”の方針のようですから、「やりますから安心してください」と言うしかないですね。

 しかし警備地点から見た今年の花火は、かなり残念なものでした。
最初のスターマインこそ非常に良かったものの、以降の打ち上げ花火は風が無い為煙の中で、雲の中で光るカミナリの光程度にしか分かりませんでした。(・・・後半は綺麗に見えましたが)


a-交通規制図
<交通規制: これを見せて説明するのですが・・・?>


 さてこの警備を担当していると、規制区域内ということを承知で違法に入ろうとする人々の”懸命な努力?”が沢山あって笑えますが、笑ってトラブルとなった事例もあったとの事で、笑うに笑えません。
今年は雨の関係で、特にバイクが少なく規制区域内で”路駐”しようとする車は少なく、そうした車での面白事例は残念ながら特にありませんでした。(例年通りの”普通の口実”は沢山あります・・・強行突破された車も複数ありました)

 しかし、自転車で来る人の中に、結構強行でタチの悪いのが結構いました。
その中で「自転車は歩行者だろう!」と言うのがあります。
・・・「ダメです」と言っても、「押していけば、法律的には歩行者のだはずだから文句ないはずだ!」と強行突破する人も居ますが、そういった人はほぼ確実に直ぐに自転車に飛び乗って走って行ってしまいます。
我々に強行突破を阻止する権限は無いので仕方ないですが、規制区域内は警察官が沢山いますから結局スゴスゴ帰ってきているようです。(・・・別の出口から)

 自転車で規制区域内に花火を見に来る人はほとんどが、『自転車=歩行者』と考えている様です。(若者も年寄も・・・ただ年寄りが特に悪質)
ですから「ここからは歩行者天国ですから」と言うと、「自転車もダメ??」と驚く人がほとんどです。
これは通常の道路走行でも、『自転車=歩行者』と思っていて、歩道でベルを鳴らして歩行者を際に追いやって走っていく姿が無くならない訳です。

 『自転車=軽車両』という事は、小学校でも、運転免許試験でも教えていると思うのですが、非常に嘆かわしいい限りです。

 
2017.08.16
関連記事

牛伏川を地獄谷から極楽平まで

 お盆で長男が帰省してきました。
本日は天気が良いと言う予報だったので、長男が前から行きたいと言っていた松本の”牛伏川”に奥さんと3人で行って来ました。
このコースを登るのは私は今回で4回目ですが、まだ行ったことが無かった”石切り場”までが目標でしたが、”地獄谷”を登っている頃からパラパラと雨が降って来たので、”極楽平”で引き返して来ました。

牛伏川0813 (1)
<これまでの豪雨で洗われたか、これまでで一番綺麗な流れでした>


牛伏川0813 (2)
<川底: これでも水が流れています>


 今回も登山コースを外れて、ボランティアのご老人が一人で発掘作業を行っている”泥沢”の発掘現場に行って来ました。
当然ながら昨年より作業が一段と進んでいて、左岸の水路の発掘はほとんど終了していました。
今度は新たに右岸の水路に着手した様で”命綱”が下がっていて、こちらの発掘もかなり進展していて、既に石積みが見えていました。

牛伏川0813 (4) <下から見た発掘された”石積み水路”> 

a-牛伏川0813 <上から見た”石積み水路”>

牛伏川0813 (3) <フシグロセンノウ>

牛伏川0813 (6) <今年は山ぶどうも豊作?>

牛伏川0813 (5) <極楽平: ”アサギマダラ”も渡りの為のエネルギー補給のようです>



 往復3時間のピストンとなりましたが、この間誰とも会わない、本当に静かな山行でした。

 下山してきたら、”フランス式階段工”キャンプ場の前の石積み水路で、三重県から大型バスで訪れた大勢の子供たちが賑やかに川の中で遊んでいました。
泳ぐほどの水量はありませんが、川底まで石積ですから、ここは小さな子供たちの夏の水遊びとして絶好の場所です。
キャンプ場にはこれまで3回来ても一度も見たことが無かったテントも5張程張られていました。
電気もありませんし、オートキャンプも出来ませんが、キャンプ場としては最高の環境だと思います。


牛伏川0813 (7)

2017.08.13
関連記事

”トラックボールマウス”の不具合

  現在PC用マウスとして”トラックボールマウス”を使っています。
 それ以前は普通の光学マウスを使っていたのですが、約4年前から現在の”トラックボールマウス”に変更しました。


a-a-IMG_3734.jpg
<トラックボールマウス>


 このマウスは最初操作方法で結構苦労しました、慣れるまで誤操作が多く、正直途中で使用中止を真剣に検討した時もありました。
しかし一旦このマウスに馴染んでしまった今、古いマウスに戻る気は全くありません。・・・戻れません!
それほど便利で、ストレスの無い軽快なマウスなのです。
ただ形状が大きいのが唯一の欠点です。


 さてその4年間ずっと使ってきた”トラックボールマウス”の調子が最近良くないのです。
左クリックが不安定になってしまいました。
最初電池交換の時期かと思って、交換してみましたが直りません。
どうも内部のマイクロスイッチに問題があるようです。

 そこで分解してみる事にしました。
止めネジ5本、内”隠しネジ”が4本、特に電池ラベル下のネジが分からず最後まで苦労しました。

a-IMG_3731.jpg
<無事分解出来ました>

a-IMG_3729.jpg
<このマイクロスイッチのクリック感が弱くなっています>


 やはり左クリック用のマイクロスイッチの感度が悪くなっていました。(使い過ぎ?・・・寿命という事でしょう!)
スイッチの交換が必要ですが、交換用のスイッチが無いので、内部の埃だけ掃除して、再組立てしました。

 今のところ確り押えればスイッチは作動するので、暫く様子見とします。
更に具合が悪くなれば、再検討します。
取りあえずスイッチ交換での修理を考えていますが、まず交換用のスイッチの確保が必要です。
又使われている基板がガラエポ両面基板(スルホール基板)なので、交換がやや面倒です。
 ・・・新規購入が無難でしょうか?


a-IMG_3747.jpg
<一般的マウスの片面基板: これなら交換は簡単なのですが>


2017.08.10
関連記事

台風5号の進路予想

 本日日本上陸をした台風5号ですが、迷走台風と言われていて、これまでの進路予測が大変だったので何時も以上に関心を持って見ていました。
 今まではこちらに来ることは無いだろうとタカを括って見ていました(野次馬根性で)、ところが夕方の予報では長野県を直撃し、しかも住んでいる処を中心(台風の目)が、真夜中に通過することがわかりました。

 早速家の周りをひと回りして、風で飛ばされないように一応処置を行いました。


 さてこの台風の進路予想ですが、私は前々から関心があって、”日本の気象庁の予測”と”米軍の予測”に大きな食い違いがあることに気がついていました。
これまでほとんどの場合米軍の方が予測精度が高い言う結果が出ています。
今回の5号も迷走はしていますが、これまでの比較としては、やや米軍に軍配が上がります。
(使っているスーパーコンピューターの性能差(価格差)でしょうか??・・・米軍のWEBサイトはこのブログの左フレームのリンク欄からリンク出来るようになっていますので、興味のある方はクリックして見てください)


 さて現在このブログの原稿を書いているのが、7月7日18:00ですが、この時点での進路予想にも違いがあります。
と言っても、気象庁の発表は16:00と2時間前の最新情報です、一方米軍の発表は0:00ですから18時間前となります。
このことから、当然気象庁の方に軍配が上がりそう思えるのですが、結果や如何に・・・??


a-台風5号比較
<台風進路予測比較>


 この結果は明日の朝起きた時には明確になっているのではないかと思います。
自分が台風の直撃を受けそうな状況にありますが、何か他人事の様に思っていて、明朝が楽しみです。

 それでも懐中電灯や、合羽など雨具の準備だけは行ってから寝ることにします。


2017.08.07

続きを読む

関連記事

猿被害

 1週間振りで畑に行って来ました。
着いて直ぐ猿被害の悲惨な状態が目に飛び込んできました。

 ご近所に方の話では、猿が畑に入っているのに気が付いて、直ぐに家に電話を入れてくれた様ですが、その時は畑に向かっている途中で、繋がらなかったという事でした。
そのことから到着する寸前まで猿が畑に入っていた様です。


猿被害2017 (2)
<モロコシ全滅>


猿被害2017 (3)
<枝豆全滅>


猿被害2017 (5) 猿被害2017 (6)
<カボチャ全滅>

 被害は電柵畑の中です。
電柵電源は正常に作動していました。

・・・ただ、電柵の扉が開いていました。
扉は針金で簡単に止めてあるだけだったので、猿でも簡単に開けることが出来た可能性があります。
又最近は扉の管理がゾンザイとなっていて、針金で固定していなかったか、閉め忘れた可能性もあります。
いずれにしろ、電柵は正常に作動していたにも関わらず、正門玄関から堂々と入られてしまいました。  
電柵設置後の被害としては、これまでで最悪の結果です。  ・・・アアァ


猿被害2017 (1)
<開いていた電柵の扉>


 今年は”お盆”に”モロコシ”や”枝豆”をつまみに美味しいビールが飲めると思っていたのですが・・・

 ・・・ このショックでますます、農作業へのやる気がなくなりそうです。


2017.08.04
関連記事