つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

スリッパソール修理

 スリッパの底(ソール)が剥がれてしまったので修理しました。

 スリッパを履いていて、何かにつまずいて倒れそうになりました。
何につまづいたのかと思ったら、スリッパの底がパックリと口が開いていました。
底のつま先側からはがれたお蔭でつまずいたのだと思います。


スリッパソール
<剥がれたスリッパソール>


 確かに安物ですが、しかし安物だから剥がれて当然という事は出来ません。(・・・と日本人は思うのですが?)
まだいくらも履いていない、新品に近いスリッパです。
これもやはり中国製でした。


 最近山登りで登山靴のソールが剥がれる事故が頻繁にあります。
私の所属する山岳会でも、ここ2年で3件ほど発生しています。
その内の1件は私の登山靴で昨年末に起きました。
これは10年以上履いている登山靴で、ソールの溝もすり減っていたので、欠陥ではなく寿命です。
それ以外の2件は比較的新しい靴だったので欠陥商品だと思います。

 今回のスリッパも剥がれた状態を見ると、接着剤が全面に塗られていなくて量も少ない、接着不良(工程不良)だと思います。(接着剤そのもの不良も疑われる)
上記2件の登山靴の場合も同じように接着材がソール全面に回っていない(接着剤量が少ない)のが原因の様でした。


 早速修理しました。
この手の修理で使う接着剤は、『セメダイン スーパーX』です。
この接着剤は金属でも、陶器でも、樹脂でもほぼどんな材質にも強力に接着できる優れものです。
価格は少し高いのですが、それなりの価値があると思います。
”適切な接着剤を使い”、”適切な工程管理をすれば”中国でも問題ない製品が出来るハズなのですが・・・?


 さてスリッパはソールが剥がれてもそんなに問題はないのですが、登山靴の場合は遭難に繋がる危険性をはらんでいます。
最近は山岳会ではこの事故に備えて、”ガムテープ”や”結束バンド”を携帯するようになりました。
ソール剥がれの原因は接着剤品質と作業工程の管理の問題ですから、たとえ有名メーカー品であっても中国製造であればどこも同じです。(この原因は根が深いのです・・・中国の製造工場の問題はこのブログでも色々投稿してありますので捜してください)
今後も品質問題改善は期待できないと思われるので、自己防衛するしかないと思います。(初期的には発見できない厄介な問題です)
登山をする人はこの点も良く承知して、くれぐれも注意と事前準備をして下さい。


2016.07.31
関連記事

DBソフトの豹変

本日が”Windows10への無償アップグレード最終日”だそうです。
このサービス方法は世界中で賛否両論が出ていて物議をかもして来ましたが、私の廻りでも被害者が沢山居ました。
と言う私も被害者の一人で、知らない間にアップグレードされてしまっっていました。
幸い私の場合はそれ以前に”Windows10タブレット”を使っていましたので、大した戸惑いも無く移行することが出来ました。

 何の前触れも無く(?)突然切り替わった画面を見た人は、それこそ腰を抜かすほど驚いたと聞きました。
中でもWindows7からのアップグレードでは不具合が沢山あったと聞きましたので、そんな人から聞かれた時は、『アップグレードは拒否して、いざとなったらWindows10がインスストールされた新しいPCを買いましょう!』と言ってきました。
PCも昔に比べると安くなってきましたから、あまりPCを使わない人は、古い能力の低いPCをいじくり回すより、能力に見合った安いPCを新規に買った方がすんなり受け入れられると考えたからです。


 さて話は変わって本題です。
ここで私が3年程前から利用開始していた無料のデーターベース(DB)ソフト『EverNote』の会社の方針が変わったようで先日メールが送られて来ました。

evenote.jpg
<EverNoteの通告メール>


 豹変です。(背信・・・裏切りとも言えます)
これまでは無料会員でもこのDBへのアクセス出来る端末数に制限はありませんでした。
ところが8月からは、2台に制限されます。
私は現在このDBへのアクセスで4台のPC及びタブレットを登録しています。
それが2台しか使えなくなるのでこれは大問題です。(有料なら何台でもOKだそうですが・・・それは向うの”思うツボ”なのでやりません)

 これとは別に私は40年以上前から『知子の情報』というDBソフト(有料)を使い続けています。
この40年間に沢山のDBソフトが出現しは消滅していきました。
しかし沢山あったDBの中に有っても、この”知子の情報”は未だにしぶとく生き残っています。(と言っても”絶滅危惧種”ではありますが)
NETでも極たまに記述されている事がありますが、使用者は私と同じDOS時代からの愛用者のことが多いようです。

 これはDBソフトの先駆けの様なソフトで、基本的には今でも40年前と同じ単純な機能しか無いソフトです。(昔のデーターも扱えます)
単に文章(テキストファイル)や、添付ファイル(Jpeg、pdfに限定)が登録出来るだけのものです。
長年使用していると、この単純明快で使い勝手の悪い機能がたまらなく良いのです??
このDBソフトは長い間メーカーサポートが続いていて、Ver.UPがされてきていました。(Ver.Upは有料ですから、相当な投資をしました)
それがWindows7当たりから正式サポートされないようになってしまいました。


 そんな時乗換目的で新たなDBソフトを捜していて、”EverNote”に巡り合いました。
それでも全てのデーターをこちらに移行したのではなく、新規登録するデーターの一部を両方のDBソフトに登録して使っています。
このDBは高機能(高機能過ぎる?)ですが私にとっては余り魅力的でもありませんでしたが、1点複数の端末で同じデーターにアクセス出来るのが気に入って使い出しました。
これは”クラウド”と言う機能を使うので、端末の記憶装置を使わないのが魅力でした。
ですからちょっとした外出や旅行の時”タブレット”でアクセスして事前に登録しておいた情報を取るのに非常に便利に使っていました。


 私にとって、複数の端末でアクセス出来る点を除けば、このDBに余り魅力はありません。
そこで現在”EverNote”を使う2台のPCの選定で悩んでいます。
1台は家のメインPCで決まりですが、もう一台を2台のタブレットの内どの1台を使うかです。
そのタブレットの内古い方は、GPS付きなので、外出時のナビで使うことも出来るのですが、OSのVer.UPが出来ない為最新版ソフトがインストール出来ないのでソフトの使い勝手がよくありません。
もう1台は、中華タブレットでデュアルOSなので、非常に便利に使っていますが、GPSが無く地図機能の制約があるので車での外出では使えません。
どちらも”帯に短し、たすきに長し”です。

 そこで”SIMフリー機能”を含め、1台で要求を満たす事の出来る”新しいタブレット”を捜す事にしました。
そこでEverNoteを使う2台目は、当面暫定で”中華タブレット”を使う事になりそうです。
さてどうなりますか・・・?

 そんな中、昨年から”知子の情報”のサポートが開始されている事を発見しました。
こちらも有料ですが、同じ有料なら40年間使っていて信頼出来るこちらのメーカーの方が良いかなと思っています。
最終決定はこれから比較検討した結果になりますが、決定した暁にはこのブログでお知らせしたいと思っています。


2016.07.29
関連記事

洗濯水車(改良版・芋洗い水車)

 一昨年作製した”芋洗い水車”を改良しました。

 昨年は残念ながらこの”芋洗い水車”の出番はありませんでした。
但し水車に不具合があった訳ではありません。
昨年この水車を使う用水路の改修工事があり、U字溝がサイズの大きな物と交換された為、使用できなくなってしまいました。
従来のU字溝は260mmサイズでしたが、300mmサイズと幅も深さもひと回り大きくなりました。
この為”堰き止め板”が役に立たなくなってしまったのです。


 水車の形態が”中掛け水車”なので、U字溝の水を一旦溜めて水車の中心軸くらいの高さから落とす必要があります。
これに使うのが”堰き止め板”です。
そこで新規に”堰き止め板”を造りました。
従来もカラートタンを使って作ってありましたが、鉄筋のフレームを入れる結構製作が難しい設計でした。(必要以上に丈夫)
今回はその反省からフレーム無しのカラートタン1枚で作る設計としたので、製作も簡単で設計を含め2時間弱で完成しました。


芋洗い水車改 (1)
<新規”堰き止め板”>


芋洗い水車改 (2)
<改良版”芋洗い水車”>



 芋(里芋)の収穫はまだまだずっと先ですが、ここで芋洗い水車を稼働できるようにしたのは、”洗濯機”として使う為です。
農作業で泥だらけになった手袋は、手洗いだと時間を掛けても中々綺麗になりません。
そこでこの芋洗い水車の中に入れて、労力を使わずに楽をして綺麗にしようと言う魂胆です。(これをこの辺では”ズクナシ”と言います)


 実際に汚れた手袋を入れて10分程動かしておいたところ、目論見通り綺麗に洗い上がっていました。
”洗濯水車”完成です。(してやったり!!・・・ニンマリ!)



[広告] VPS

<改良版・芋洗い動画>



2016.07.27
関連記事

タンドール窯でおやき

 珍しく奥さんが”おやきを作る”と言うので、久し振りにタンドール窯を引っ張り出して来て使う事にしました。

 古い地粉(3年前の小麦粉)が出てきたそうで、おやきを作ることになりました。(パンには使えそうにないそうです)
自宅のプランター栽培のナスが採れ出したのも一因です。

 タンドールは一般的には炭を使って火を起して使うものですが、この方法は一旦窯が暖まると大量のタンドール料理を作るのは便利なのですが、火起しに時間が掛かり、又窯が冷めるまでの時間もかかります。(完全に冷めるのは次の日です)
せいぜい10個程度のおやきを焼くだけなので、こんな場合は薪を燃やして準備することにしています。

 タンドールに拳大の端材を10個程放り込み火を点けます。
これで30分程度で、窯の温度が上がり使えるようになります。
ただ薪の場合窯の内壁にススがベットリ付くので、これが完全に燃えて無くなるまで待って使う必要があります。

 タンドールは一旦温まると内部の温度が、窯の位置に関係なくほぼ均一になり、中に入れた食材に均一に熱が伝わり美味しい料理が出来ると言う特徴があります。
今回ススを飛ばすため内部を観察していると、内部の炎が渦巻きながら上がっているのが分かりました。
これが窯内部の温度を均一にする要因のように考えられます。


[広告] VPS

<タンドール窯内部の炎>


 さて今回のおやき作りは失敗でした。
地粉が古かったのが原因か?、出来た皮が柔らかく、タンドール窯の内部に貼り付けると餡の重みで垂れ下がってしまって皮が裂けて中の餡が落っこちて上手く焼けません。
通常は窯の内壁に数個同時に貼り付けて、1分程して表面が焼けて焼き色が付いたらたら壁から剥がして完成となるのですが、今回は1個づつ壁に貼り付け、様子を見ながら30秒ほど焼き一旦剥がして、今度は反転して表面だった側を壁に貼り付けて30秒焼くという方法にしました。

 手間は掛かりましたが、出来た”扁平なおやき”の味は、これまでと同じく美味しく頂くことが出来ました。
今回は余熱で試し堀りしたジャガイモの小芋を串焼きにしましたが、これも中々の美味しさでした。


2016.07.25
関連記事

電柵改良(小動物対策)

  電柵畑内の”モロコシ”と”ジャガイモ”が野生動物の被害にあいました。(最初の電柵畑です)
電柵電源は24時間稼働で問題なく働いていました。

小動物対策 (1)
<ジャガイモの木が枯れてきました、もう少しで収穫できます・・・ここが一番危ない時期です>


 昨年も同じ電柵畑でモロコシの被害がありました。
この時も電柵電源に異状がないのにも関わらず、被害が発生しています。
この時の被害状況の検証から、100mm目のワイヤーメッシュを摺り抜けることが出来るサイズの動物だったと推測しました。
今回もモロコシに付いた歯形から小動物と推定しています。(ハクビシン、キツネ、テンなどか)

 最初の電柵畑はこれまで”猿に特化した構造”となっています。
従って”マイナス電極”としては100mm目のワイヤーメッシュだけを使っています。
昨年の被害の時は電柵電源の稼働形態は”日中のみ”の設定でした。
猿の活動は日中だけ、夜間は活動することはありません。
従って電柵も日中だけの設定にしていました。
ところが小動物は猿と違って夜間だけ活動するので、電柵電源も”24時間稼働(連続運転)”の設定に変更しましたが、それ以降の被害は無かったので、効果があったと思っていました。

 ところが今回は”24時間稼働設定”にも関わらず被害に遭ってしまいました。
そこでワイヤーメッシュの上に更に網を張ることにしました。
電柵導入前に使っていた”ナイロン(ビニロン?)網”です。


小動物対策 (2)
<ワイヤーメッシュ全周の内側に網を重ね張り>


 この対策は、今年新規作製した電柵畑では既に実施済の内容です。
旧電柵畑でも”何時かやらなければ”と思っていただけでやっていませんでした。
既存の電柵に追加するのは新規に作るよりも何倍も時間が掛かって面倒なのです。
やはり”人間、痛い目に合わないと中々やらない”典型です。

 ここでようやく必要に迫られて実施しましたが、やはり1日中腰での作業だった為、腰に来ました!!
2、3日休養したいところです・・・しかし、そうもいかんか(泣)


2016.07.23
関連記事

栂池自然園トレッキング

 山岳会の月例山行で『栂池高原トレッキング』に行ってきました。

 計画時には半年も前なので”梅雨明けするかどうか”の心配がありました。
まだ関東甲信越の正式の梅雨明け宣言はありませんが、連日の夏日続きで雨の心配の全く無い山行となりました。
しかし山は一日ガスが掛かっていて、北アルプス(後立山連峰)の雄姿は最後まで拝む事が出来ませんでした。



 栂池高原(自然園)は高層湿原の植物の宝庫として有名です。
栂池はこれまで幾度となく来ているのですが、そのほとんどが雪山時期で、花の時期に訪れたのは今回が初めてです。
花の最盛期を期待していたのですが、今年はこちらも雪が少なかった影響で花期が1カ月先行しているそうで、ほとんどが終盤でした。
従って元々花の種類は少ない処だと聞いていましたが、そんな訳でやや残念な状態でした。
ただ平日にも関わらず観光ツアー客は多く、花の多い木道上は所々で渋滞が発生していました。

栂池自然園 (1)
<ゴンドラとロープウェーを乗り継いで入ります>

栂池自然園 (2)
<栂池自然園入り口: 有料です>

栂池自然園 (3)
<ほとんど全て木道です>

栂池自然園 (4)
<ツアー客の為、大渋滞>

栂池自然園 (5)
<数少ない”お花畑”周りはこんな状態>

栂池自然園 (6)
<一番の”お花畑”>


 さて今回初めて”ミラーレス一眼”を持参し、山行での”一眼デビュー”を計画しましたが、あえなく”玉砕”してしまいました。
メインの花の撮影で設定を色々変えて撮影したのですが、設定変更確認が液晶画面だけなので、晴天の戸外では画面が全く分かりません。(仕様を理解していないということもあります)
従って今回撮った写真の3/4が全く出来の悪い写真となってしまいました。(恥ずかしくてとても見せられない)
NETにも”デジイチ”の炎天下での液晶画面の問題点が色々アップされていましたが、やはりかなり難しいのを実感しました。

2016.07.21
関連記事

横川渓谷トレッキング

 昨日は”海の日”だそうですが、山に行ってきました。
 
 「日本歩く道紀行100選」と言うものに認定された、辰野町の『横川渓谷』です。
少し前の新聞にガイド・トレッキング開催予定として載っていて、申込不要だったので天気次第ですが行くことにしていました。

 朝起きると見事な快晴なので行ってきました。
この日開催されたトレッキングの正式名称は、『横川渓谷散策と いきもの探訪』というものでした。
辰野町と渓谷のある部落の振興会が主催しているもので、”村興し活動”の一環のようです。
集合時間の30分前に到着したのですが、駐車場は既に満杯で林道に縦列駐車しました。
参加者はほとんど地元の人で50名位でしょうか。(その外スタッフが10名ほど)

横川渓谷 (1)
<集合場所の蛇石駐車場>


 ガイドツアーという事で、この国有林に長年勤めていた方が色々説明してくれました。
渓谷は国有林内で、渓谷沿いの木はこれまであえて手を入れず、原生林としてそのまま残してあるそうです。
樹木や山草の専門家ということで有意義な話を聞くことが出来ました。
しかし如何せん60人にガイドが一人なので、せいぜい周辺の10人程度しか声が届かなかったのが残念なところでした。


横川渓谷 (2)
<未舗装の林道歩きです>


横川渓谷 (3)
<営林署で付けた木の名札が沢山ありました>



横川渓谷 (5)
<終点の”三級の滝”: 昔はこの上の”七滝”まだ行けたようですが、現在廃道だそうです>


 又今回のテーマに”いきもの探訪”とあり、捕虫網とカゴを持参した家族連れが沢山居ましたが、林道の所々で”カラスアゲハ”や”キチョウ”が乱舞しているところがあったりして、簡単に捕獲できた子供もいたようです。
貴重な体験が出来たのではないでしょうか。

横川渓谷 (4)
<捕獲した”ミヤマカラスアゲハ”>




 本日の収穫。
”木いちご”です。
正式名称は『熊苺』だそうです。
幹や葉裏にびっしり棘があり、実を取るのに一苦労しました。

a-熊苺
<熊苺: 1本の木からこれだけ採れました>


 周囲にはまだまだ沢山の熊苺の木がありました。
団体行動なので収穫時間は5分と極短時間でしたが、もっと時間を掛けれが相当取れると思います。(熊の大好物・・・遭遇の危険性大?)
 帰宅後ジャムにするつもりでしたが、砂糖と一緒に潰しただけの物を舐めてみると、これが非常に美味しかったので、そのままヨーグルトに掛けて食べてみましたが、これは絶品ですね。(香りが素晴らしい・・・野生の味?)


 昨日は下界では最高気温が32℃となった様ですが、渓谷は標高1000mを超える原生林で日影が多くそれほど暑さは感じませんでした。
しかしトレッキングコースは林道(未舗装の車道)を歩くだけなのが少し残念でした。
深い原生林があったり、林道のはるか下を流れる渓谷の水が素晴らしく綺麗なだけに、所々で原生林に踏み込める道や川の近くを散策出来る道があれば最高のトレッキングコースになると思います。(スタッフの方が、”熊が心配”と言っていましたが・・・??)

2016.07.19
関連記事

風呂場のタイルのカビ取り

 先日奥さんが親戚の家に行った折り、『風呂場のカビ取り』の方法を聞いて来ました。

 ”シャワーで50℃以上のお湯をタイル目地のカビに掛ける”だけだそうです。
こんな簡単な方法でカビが綺麗になるとは思いませんでしたが、親戚の伯父さんが綺麗になったと力説したそうですから、半信半疑で試しにやってみました。

 その結果 『綺麗になりました。 !!!』


 シャワーで55~60℃位のお湯を掛けて軽くブラシでこすったのですが、それだけで綺麗になりました。
これまでも色々やっていましたが、これだけ楽に綺麗になることはありませんでした。


 そこで改めてNETで調べてみました。
これはNHK・TV『ためしてガッテン』で以前放送された内容でした。
我が家も良く見る番組ですが、この回の放送は生憎見ていませんでした。


■カビ取り方法(出典: NHK・ためしてガッテン)
 ① カビ退治 :50℃のお湯を90秒掛ける。
 ② カビ予防 :1週間に1回50℃のお湯を5秒掛ける。

 
 前述の試験では30秒もかけなかったのですが、効果がありました。
そこで改めで本格的にやる事にしました。
我が家の風呂のタイルは天井まで立ち上がっていて、天井近くが一番カビがあります。
ところがシャワーだとどうしても水圧が低くて天井までは届きません。
そこでこんなものを作ってみました。


タイル洗い (2)
<シャワーヘッド改造>



タイル洗い (1)
<先端ノズル>


 シャワーヘッドを外してここにねじ込める部品を捜しました。
するとこれまで交換した水道器具のジャンク品の中に、幸い2部品を組み合わせると丁度使える部品がありました。
ふさがっていた先端はドリルでΦ3mmの穴を明け、水漏れは”シールテープ”を巻いて止めると、天井まで軽く届くノズルが出来ました。

 これで天井近くまで55℃程度のお湯を掛けた結果がこれです。(温度調整付シャワー水栓ですがシャワーではこれ以上温度が上がりません・・・安全装置が付いているようです?)


タイル洗い (3)
<築35年、カビが無くなった(?・・・少なくなった)タイル目地: お湯を掛けた後、ブラシで少しこすってあります>


 まだ所々黒い斑点が残っていますが、ほぼ満足できる状態になりました。
これは中々素晴らしい結果です。

『ガッテン!、ガッテン!!』  NHKやるじゃないか!!


2016.07.17
関連記事

市販電柵電源購入

 少し前にNET注文していた市販品の”電柵電源”が届きました。

 購入したのは前回と同じ、『ビリッとくん(セイデンテクノ(株))』です。
HPの販売サイトを見て注文しましたが、少し時間が掛かった(2週間)のは今回も特注品だからです。
無理を言って”出力間隔(パルス間隔)”だけ標準品から”猿用”に変更していただきました。
但し”猿用”とは私が勝手に言っているだけの仕様です。

 上記セイデンテクノ殿でも正式販売されていませんが、もし猿対策用途で購入する場合は、注文時にお願いすれば対応してもらえると思います。(当然猿対策を保証したものではありません)
値段も標準品と同額で対応していただけました。(これも保証は無し・・・交渉次第か?)


a-新ビリットくん
<購入した電柵電源: ”ビリッとくん”>



 さて到着後の”受け入れ検査”の結果です。
 ■特注内容: 出力パルス間隔  → 0.83秒  (標準品は1.5secのようです)

 
 又外観には前回購入品と変わりがありませんが、今回回路に1点違うところがありました。
ヒューズ(1.5A)の追加です。(安全性向上の改善ですが・・・前回の購入からの間、何かあったのでしょうか?)

 以上検査結果に特に問題となるところがなかったので、早速畑に設置しました。


新ビリッと君
 <購入電柵電源に交換>


 この交換直後は問題なく作動していましたが、2時間後に見ると止まっていました。
原因を調べるとバッテリー側に入れたヒューズ(1A)が溶断していました。
購入した電柵本体側に1.5Aのヒューズが入っていましたから、この装置では1A以上流れる時があるようです。
設置後電柵のショート等、色々いじわる試験をしましたがその影響か・・・?
そこで2Aのヒューズと交換しましたが、それ以降は問題なく稼働しています。(但しヒューズが切れるのは問題ではありません・・・それが入れてある目的ですから)


 これから昼夜連続24時間連続稼働となりますが稼働結果で何かあれば当ブログで報告させていただきます。(何もなければ順調という事でご理解下さい)


2016.07.15
関連記事

ポポー種蒔

 すっかり忘れていた”ポポー”の種蒔をしました。

 先日冷蔵庫を開けた時に”汚いビニール袋”を見つけました。
取り出して見ると、昨年から冷蔵庫で保存していた”ポポー”の種でした。


ポポー種蒔 (1)
<保存してあったポポーの種: 濡れティッシュで包んで保存>


ポポー種蒔 (2)
<種蒔: 全部で20個ありましたが腐りはありません・・・保存管理は良かった様です>


ポポー種蒔 (3)
<培養土を掛け、更に上に籾殻を厚く掛けて水をたっぷり掛けて置きます>



 袋に昨年の10月6日の日付がありますから、9カ月間冷蔵保存していた勘定です。
少し保存期間が長過ぎましたが、腐りは無いので一旦全部蒔いてみました。

 さて、どうなりますか??


2016.07.13
関連記事