つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

着氷現象

 昨日から長野県で大雪で孤立した温泉施設からの救出の様子が全国ニュースでも放映されていました。
大雨から変わって降った雪が木々に貼りついて、その重みで太い木がへし折られた様です。
その折れた木の数が所によっては数百本と云いますから大変です。


 その倒木を起こした原因となった同じ現象(着氷)が見られました。

 本日用事があって午前中に諏訪市から辰野町に抜ける有賀峠を越えました。
その峠の頂上付近で素晴らしい光景に遭遇しました。
”着氷現象”です。


 午前中でまだ低い位置にあった太陽が横から木々の枝に貼りついた氷を照らして山全体が輝いていました。
”宝石の様”にと良く云いますが、まさしく山全体がダイヤモンドの様に白くキラキラと輝いていて、息をのむような光景でした。
この光景を写真に撮りたいと思いましたが、除雪で出来た雪の壁で路肩には車を止めるスペースが無く、又急ぎの用事も片づけないといけないこともあり、残念ながら諦めました。


 さて用事を済ませて昼頃再度この峠を越えました。(・・・写真を撮りたいが為に慌てて舞い戻ったようなものです)
するとまだ残っていました。
気温が上がって木々に着いていた氷がバラバラ落下する音が五月蝿いくらに鳴り響いている中で撮影したのが以下の写真です。



着氷 (1)


着氷 (3)



着氷 (4)




着氷 (2)



 この時刻は朝行き掛けに見た着氷の半分以上が既に落下した後だったと思われます。
又太陽は真上に有りましたが、それでも幻想的な雰囲気は残っていて感激でした。


 家に帰ってニュースを見たら、長野自動車道の塩尻峠付近で、木からの落氷の為通行止めになっていました。
そこではもっと大規模な着氷現象が起きていた様です。

 この”着氷現象”は交通の妨げになるので大変な厄介者ですが、見るには自然の造形としてこれほど素晴らしい物はないと思います。


2016.01.31
関連記事

黒コンニャク

 今日は朝から大雨で、久し振りに暖かい朝でした。
”諏訪湖が全面結氷して、厚さ6cmになったので後2~3日凍みが続けば”御神渡り”が期待できる”と新聞に載っていましたが、この雨で今年の御神渡りは絶望的です。


 さて又”コンニャク作り”を行いました。
従来製法でコンニャク作りを行っていた時のコンニャクの色は本当に様々でピンク、白、黄、灰色等ありました。
ところがコンニャクの製法を”浸漬法”に変えてからはコンニャクの色は安定して何時も見慣れた淡い灰色になりました。
尚従来製法でよく出来た”ピンクコンニャク”は”不純物(アク)”の含有が多過ぎた影響で、決して喜ばしい状態ではありません。(しかも食べても”エグイ”)
”浸漬法”となってからはこのピンクコンニャクは全く出現しなくなり、味も驚くほど美味しくなりました。


 ところが今回出来たコンニャクの色は”黒”でした。
それもこれまで見たことが無い程の”真っ黒クロスケ”。
これだけ黒いコンニャクの出現は初めてでびっくりです。

黒コンニャク (1)
<成型中の黒コンニャク>


 今回使った生芋は昨年栽培したコンニャク芋で最大の4kgの生芋を6分割した最後の芋です。
前の5回までは普通の灰色コンニャクでしたが、6回目の今回だけ黒(濃グレー)となりました。


 この原料の生芋は皮を剥いて6等分して、ひと塊づつラップに包んで冷蔵庫に保存してありました。
同じコンニャク芋を使って連続6回のコンニャク作りを行って来ました。
その最後の6回目の生芋ですが、冷蔵庫での保管期間は3週間位です。
冷蔵庫から取り出した時は、表面が所々茶色に変色していたので、表面の変色部分はピーラーで全部綺麗に取り除きました。
それを摺り卸した物はこの時既に”暗いオレンジ色”でした。(普通は淡いピンク色です)
それが加熱に従って段々黒変しました。


黒コンニャク (2)
<煮沸前のコンニャク>

 
 市販品にもこの程度の”黒コンニャク”が有りますが、それは”ヒジキの粉末”を混ぜ込んで作ると聞いています。
昔は今回のコンニャクの様な黒っぽい色が一般的だったので、わざわざそれに似せて作っていた様です。(騙しのテクニック・・・ちなみに緑色の刺身コンニャクは青海苔を入れるそうです)


黒コンニャク (3)
<今回完成の刺身コンニャク: 食欲をそそる色ではありませんね>



 さて色はともかく、出来たコンニャクの味と食感は従来以上で美味しいものでした。
最近、肉や魚を熟成させるとより美味しくなるという事でブームだそうです。
この手造りコンニャクも作った直後に食べるより、1週間ほど煮汁に漬けたまま置いておいてから食べた方が美味しくなることは経験上から分かっています。
しかし今回の結果から、コンニャク生芋そのものを低温で保存することで、コンニャク作り直後でも十分美味しくなる事が確認できました。


 この完成したコンニャクを煮汁に漬けて1週間程熟成させてから食べてみたいと思います。
どうなりますか、楽しみです!


2016.01.29
関連記事

柿渋凍結?

 自作の”柿渋”ですが、この寒さで凍結してしまったようです。

 3日連続で朝の最低気温が-11℃~-15℃の日が続きました。
この寒さでガレージに保管してあった熟成中の柿渋が凍ってしまった様です。
氷は見えないのですが、内部が固形化しています。


柿渋ゲル化
<現在の柿渋の状態: 液は澄んで、固形化した塊が見えます>



 少し前まで室内で熟成させていたのですが、次第に匂い(腐敗臭)がきつくなってきたので、ガレージに移しました。
熟成中に凍らせると正常な”柿渋塗料”にならないと聞いていたので、保温には注意していたつもりでした。
容器より2廻り程大きなダンボール箱に入れて、容器の周囲にモミガラを厚く詰め、更にダンボール箱の外側は古いコタツ布団を掛けて置きました。

 この連日の寒さでガレージ内も-10℃前後にはなったのではないかと思います。
心配になったので、容器を取り出して内部の様子を見たのが上の画像のような状態でした。
凍って”ゲル化”するとダメだと書いてありましたが、この様な状態を”ゲル化”と云うんでしょうか?
攪拌したところ綺麗に溶けましたが、さてどうなりますか??


 この柿渋は昨年9月末に仕込みましたからまだ4カ月強です。
最低2年は熟成しないと塗料としての本来の性能は出ない様ですから、これは捨てるしかないかもしれません。
このまま再度室内で保管して様子を見ますが多分・・・多分・・・ 失敗だと思います。

 昨年仕込んだ量が多かったので、今年は柿渋の仕込みはやらないつもりでいましたが、この一件で再挑戦せざるを得ないことになりました。



関連記事

マイブーム

今朝の最低気温は”-14.6℃”でした。
先日初めて-10℃を越えた時には、これ以上は今年は無いだろうと思っていたので余計寒さを感じます。
それでも天気予報では来週から暖かくなる見込みという事で、玄関前の風防室設置は見送る事にしました。(面倒!・・・”ズクなし”です)


 さて今我が家は”中国語ブーム”です。

 昨年末から奥さんの職場に中国人の研修生が3人来ているそうです。
日本語のレベルは3者3様で、一人はほとんど日本語が話せないそうです。
最初は筆談をしていたようですが、次第に面倒になって来たので中国語を勉強する気になったようです。


中国語辞典
<中国語辞典:(左)21元(¥300)、(中)5.5元(¥80)・・・何故か同じ物が3冊>


 そこで登場したのがこの中国語辞典です。
これは私が昔仕事で中国に行っていた時に使っていた物です。
当時中国では書籍は驚くほど安く、行く度に現地調達していたので増えました。(ただ装丁は驚くほど雑です)
購入した日付が書いてある物があり、見るともう20年も前の物でした。


 20年前と云えば、日本企業の中国進出のはしりの頃です。
当時は今程中国語学習の環境が良くなかったので、最初は日中友好協会の中国語教室に参加したり、TVの中国語講座で勉強しました。


 現在は中国語の教材は非常に豊富で、選択に困ります。
その中でタブレットのフリーソフトを使って勉強をはじめています。
辞書や会話、ゲームの様な基礎教育ソフトなどそれこそ沢山あります。
文章を正確に読み上げてくれるソフトもあり、やる気さえあれば自力でそれなりのレベルにはなりそうです。(その”やる気”が一番の問題ですが・・・)


 私も少し齧ってみましたが、20年の歳月の長さを改めて感じました・・・・・・。 (笑)


2016.01.25
関連記事

お年玉(落とし玉)?

 ここでミラーレスですが”デジタル一眼カメラ”を購入しました。

 年末にこれまでブログ専用に使っていた”デジカメ”を落としてしまい、壊れました。(フローリング床に50cm落下・・・紫色の画像しか撮れなくなりました)
そこでどうせ買うならと考えて、前から関心があった”デジイチ”にしました。


ミラーレス
<購入したミラーレス一眼>



 落として壊れたカメラは下取りに使いました。(¥2,000也: 落とし玉?・・・それとも”棚ボタ”?)

 先日山梨県に遠出したのは、このカメラの試写も目的の一つでした。
昔は、山登りのついでに写真撮影しているのか、写真撮影の為に山登りしているのか、分からないですが写真に熱中していた時代がありました。(モノクロです)

 三脚や各種フィルターを持参して、色々の方法で試し撮りの予定でしたが、三脚が倒れそうなほどの強風で諦めました。
また望遠レンズでも撮影する予定でしたが、レンズ交換時に砂埃等ゴミが入る危険性があり止めたのでこちらの性能もまだ分かりません。


その時に撮ったのが前にも投稿した富士山の写真です。(コンデジとの違いが分からない、それは・・・??涙)


富士山
<富士山>


 さてブログ用に使う予定で購入しましたが、ミラーレスは小さいとはいえそれなりに大きくて小回りが利かないので(勿体無いと言う事もありまして)、ブログ用としては壊わしたカメラより1世代前のコンデジをメインに使うことになりそうです。

2016.01.23
関連記事

明るくないLEDライト

 今朝は今季の最低気温を記録しました。
−11.4℃でした。
-10℃を超えると流石に寒いですね。
これまで暖かくて、水道の凍結防止帯の動作確認が確り出来ていなかったので心配でしたが大丈夫でした。


 さて新しい”LEDライト”を作りました。

 ”明るくないLEDライト”が欲しかった為、超簡単な物を作ってみました。(・・・注)
百均で購入した”LED懐中電灯”はあるのですが、明る過ぎるのと大き過ぎるので自作しました。



暗いLEDライト (1)
<基本のLED回路構成: 点灯だけならこれだけでOK>


 要は電池(3Vリチウム電池)の両側にLEDの端子を押し付けただけの回路です。(LEDは極性が有りますが分からなくてもOK、光らなかったら電池の向きを入れ替えるだけ)
その中間にスイッチを入れてON-OFF制御させるだけの構造です。
後はどうしてもハンダ付けが必要なので、それなりの技術は必要になります。


暗いLEDライト (2)
<自作した”なんちゃってLEDライト(超簡単LEDライト)”>

 これは重さ20g。
手の中にスッポリ入ってしまう大きさです。


暗いLEDライト (3)
<内部構成: Wクリップと絶縁体(ビニールシート)で電池ホルダー代わりです>




(注)夜中に時計を見たり、トイレに行く時に使用。・・・電燈は点けたくないし、明る過ぎると眠れなくなるので 

2016.01.21
関連記事

ドブロク講習会

 ようやく雪が降って寒くなりました。
今日は”真冬日”だったそうですが、”ドブロク作り講習会”をしてきました。

 正月が終わった頃に親戚の伯父さんから、「冬で暇だから、ドブロクの作り方でも教えてもらえないか?」と電話がありました。
親戚中で一番”日本酒好き”と言われている人です。
昔夏に”自ビール”をお土産に持っていたことが有ったのですが、「ビールはいいわ!」とやんわり(?)断わられたので、後日ドブロクを差上げた事がありました。(そのドブロクが気に入った様です)


 さて最初なので必要器具と必要材料一式を準備していましたが、ようやく揃ったので講習会をしてきました。


a-醗酵容器
<醗酵容器: 器具といってもこれだけ、”梅酒瓶”で作るより良いでしょう>


 醗酵容器は何時ものリサイクル容器です。(濃縮野菜ジュースの輸入容器/オランダ製・・・中国製ならタダでも御免です)
¥250也。 ・・・¥50値上がりした様な気がします?

 購入した容器のままで、何も加工しなくても全く問題無く使えるのですが、一工夫してみました。
醗酵状態が見える様に”ガス抜きチューブ(シリコン製)”を付けました。
蓋に取り付けた青色の器具は”熱帯魚用逆流防止弁”。(これが無くて、チューブだけでもOK)
水を入れたコップにチューブの先端を入れると、醗酵しているとプクプク泡が出る仕掛けです。
この仕掛けは”ほんの御愛嬌”で、無くても全く問題ありません。(・・・”男のロマン”です)


【ドブロク作り詳細はここをクリックしてください】


 講習会と云っても、この本に書いてある内容を説明しただけです。
事前に炊飯器で5合の御飯を炊き上げて、冷ましておいてもらったので、講習会そのものは20分弱で終了。
余りの呆気なさにややあきれ顔の様でした。

 これで10日から2週間、毎日1回攪拌していると、出来上がります。
完成したらザルで漉して、酒粕と分離するだけなのでこちらの講習は必要ないハズです。(多分?)

 次回は自力で仕込むと思いますが、農家ですからたぶん屑米もあるのではないかと思います。(ドブロクは屑米で十分です・・・但し玄米は雑味が多くなるので止めた方が無難)
これで又一人、”自家醸造家”を育成してしまいました ・・・??

2016.01.19
関連記事

真空パック機修理

 ”ノロウイルス”騒ぎで、3日間程ほとんど何も食べなかったので、お蔭で正月太りが解消してスッキリしました。
この間、幾らか体調が良い日もあったので、少し仕事もしました。


 真空パック機を使い出してから今年で5年目です。
この機械を購入してから、色々食品の保存に活用している中々便利な機械です。
一般には購入しても余り使われない機械の様ですが、我が家の利用頻度は比較的多い範疇に入るのではないかと思っています。
真空パックした上に、更に冷凍することで品質劣化が少なくなって、一年中活用できるものが増えました。

 ところが昨年後半辺りからは時々不調で、”騙し騙し”使っていると言ったところでした。

 不具合は2点あって、1点目は”真空引き”が上手く出来ない事。(真空度が甘い)
これは機械のプラスチックケースの変形で、密着出来なくなっている様です。
これに対しては”真空引き”の時、手で上蓋を押えて密着させています。

 2点目は袋のシール力(溶着)が次第に弱くなってきた事です。
この機械は、シール強度を3段階で調整出来るようになっています。(ヒーターへの通電時間管理です)
このシール作業が出来ないことには真空パックは機能しません。


真空パック機 (1)
<真空パック機: シール時間の緑のLEDで3段階表示、右が最強です>


 購入時は最短時間設定でも問題なかったのですが、段々1段階づつ上がってきていて、現在は最強設定です。
ところが今回この条件で使てもシール力が弱く、手で簡単に開いてしまいます。(袋が溶けきらなくて、溶着出来ていない)
この機械ではこれ以上の強い設定は出来ないので、加熱回数を2回にしたり、押えバーを強く押し付けたり一通り対策してみましたが改善しません。

原因は”ヒーターの劣化”だろうと考えてこの交換が出来ないかダメモトで早速分解して様子をみました。


真空パック機 (2)
<機械内部: 枠内がヒーターとの接続箇所>


 テスターで一通り当たってみましたが、原因となるような不良個所はありません。
溶着用ヒーターも帯状のもので、簡単に焼けて断線する様な物でもないので、ヒーターの不良でもなさそうです。(流石ニクロム線ではありませんでした)

 ただヒーターの両端の接続部が”圧着端子”接続となっていました。
どうもここが怪しいと考えて、圧着端子の挿抜を行って再組立てしました。

 ”結果オーライ”です。

原因はヒーターの熱で圧着端子も酸化し、接触抵抗が増えた結果ヒーターに流れる電流が少なくなったものと思われます。
ヒーターと圧着端子の接続位置が近すぎた単純な(幼稚な)設計ミスですね。(この機械は韓国製でした・・・韓国も駄目か?)
WEB検索すると今回の不具合と同じ症状の書き込みが沢山あり、口コミでの評価はかなり低くなっていました。・・・当然ですね。


 これで又機械が問題なく使えることになりました。(直ぐに再発すると思いますが・・・)
ただ吸引力の減少はケースの経年変化による変形(PLの強度不足・・・これも設計ミス)と思われ、これは簡単には改善困難です。
ただ吸引時に上蓋に確り体重を掛ければケースの変形で密着することで十分に吸引改善が出来ます。

 掛ける体重は誰にも負けない位ありますから、当面問題なさそうです。(ノロウイルスでスッキリしましたが、まだまだ過剰です)

2016.01.17
関連記事

ノロウイルスにやられました

 最近ようやく”指先のシビレ”が無くなったと思っていたら、今度はここ1週間程寝たり起きたりしていました。

 前の連休中に山梨に遊びに行って来てから体調不良になりました。
どうも”ノロウイルス(感染性胃腸炎)”の様です。
病院に行っていないので正確には不明です。
ただし病院に行っても問診だけで判断するそうですから、結果は同じです。(検査は保険対象外で、検査結果が出る頃には治癒しているそうです・・・分かっても対処法なし?)

 この外出では、パン店、スーパー、食堂、産直等色々廻って来ましたから、どこで感染したかは不明です。
このノロウイルスは感染力が高く、どこで感染しても不思議はないそうです。(山梨県で感染したことだけは確か・・・?)
山梨県では今年に入ってから感染増加で注意報が出ていました。 (・・・長野県では昨年から出ています。・・・冬場はどこの県でも出している様です)

 さて”ノロウイルス”の症状は様々あるようですが、代表的なのが”胃痛”、”下痢”、”嘔吐”、”発熱”。
私の場合は”胃痛”、”嘔吐”と”発熱”でした、それも比較的軽く、嘔吐1回と微熱でした。
それでも2日間確り寝込みました。(不思議といくらでも寝られました)


 病院に行っても、直接直す薬は無いとの事で、今回も病院に掛からず仕舞いです。
まだ全快とは言えないので暫く様子見です。
予防法は”柿渋”が一番と聞いたので(NHKの”ためしてガッテン”)、トイレや洗面所、手には自作の柿渋スプレーで対処しました。
お蔭か?今の処家人に感染した人は居ません。


 先の”指先のシビレ”の時も、今回の”ノロウイルス(?)”でも病院に行きませんでしたが、それでも自然治癒したので『まだまだ若い』と豪語していますが、それらになるのがそもそも”若くない証拠”だとも言えるので、今後は確り自覚していきたいと思います。


2016.01.15
関連記事

菜切り包丁

 正月も終わったので、少しづつ作業を開始ししました。

 冬の間農作業は休みですが、昨年作業中に気になっていたものの、なかなか手を掛けられなかった物の改善をしています。
今回手はじめに”菜切り包丁”を修理しました。

包丁修理 (1)
<古墳から掘り出した物ではありません、立派な現役です>


 この包丁は今でも現役で使っています。
先日の野沢菜の収穫でも使いましたが、畑の収穫作業では必ず登場する農作業用の現役バリバリの包丁です。
何時は奥さんが使っていますが、野沢菜の収穫では私も使いました。
切れ味には問題ないのですが、使いずらい事甚だしく、一番の問題は土の上に置かれていると、土と同化していて見つけ辛く且つ危険だという事です。

 そこで修理しました。


包丁修理 (2)
<修理上がり>


 鉄パイプ(パイプハウス用の鉄パイプ)を輪切り切断して割れ防止リングとし、”一位”で柄を付けました。(・・・一位の柄は包丁では最高級品だそうです)
その柄に目立つオレンジの”吊り下げ紐”も付けました。
土の上に有っても間違って足で踏みつける事が無いような配慮です。


包丁修理 (5)
<銘>


 ”日本手作”なる銘とマークが刻印されていますが、WEB検索でもヒットしません。
相当古いものだとは思います。
この包丁も最初は普通の”菜切り包丁”と同じ形状だったと思いますが、研ぎに研ぎを重ねて使ってきたと見えてここまで細身になってしまっています。
昔の人は道具の手入れをしながら、大事大事に使ってきたことが伺えます。
大したものです。(しかし修理はしないんですね)

 今年も沢山この包丁の御厄介になります。

---------

追)
 この包丁の柄付後、最終仕上げで刃研ぎを行っていて、砥石が割れました。


包丁修理 (4)
 <割れました: 内側は接着でした>


 割れたと思ったのですが、2種類の砥石が接着剤で貼り付いていただけですね。
長年の使用で接着剤が劣化したようです。
しかし接着面を見ると砥石の平坦度が悪かったのか、メーカーの接着作業がいい加減だったのか接着面積が極端に少なく強度不足だった事がわかりました。(それでも20年近く使っていましたから文句は言えないですが)


 これを新たな接着剤を使って確り固定して修理完了です。
使った接着剤は”セメダインスーパーX”です。

包丁修理 (3)
<セメダイン スーパーX>


この接着剤は金属や石やガラスでもほぼ何でも(?)接着出来て、一本持っていると中々便利に使えます。


2016.01.13
関連記事